« 「事実」は十分にドラマティックだ | トップページ | 言葉を超えること »

2013/03/17

図書館が休館だった

0317K大の附属図書館へ上っていくと、本日休館の札が大きくかかっていた。ホームページでいつも確かめてから、訪れることにしているので、まさか臨時休館になっているとは思わなかった。何人かの学生も、玄関内のカレンダーを恨めしそうに観ていたから、やはり急なことだったのだと思われる。

0317_2仕方ないので、学部のいくつかの図書館や情報基盤センターも見てみたが、やはり同じで、今日のところは資料収集を諦めざるを得ないこととなった。南の吉田寮を抜けて、スペイン風の柱と屋根が素敵な楽友会館を左にみて、近衛町の病院を右に通り過ぎて、聖護院にたどり着く。

0317_3喫茶店は、わたしにとって、図書館の代替場所である。それ以上の時もある程である。京都で落ち着く場所のいくつかの中でも、20歳ごろから来ているJazz喫茶「Y」で仕事を続けることにする。久し振りにきたのだが、すっかりきれいなビルに建て変わっていて、店の前には、赤い大きなベンチが置いてあって、「ゆっくりしていく」ことを誘っている。中は、以前とかなり変わっていて、カウンター中心で、マスターの目の届くところに多くの席がつくられている。

0317_4この辺は、賛否のあるところだと思われる。喫茶店で落ち着く条件の一つに、小さな部屋に分かれていて、かつそれらが複数、開放的に造られている必要があるのだ。全体に同じ空気、雰囲気が漂っていることが必要だが、かといって、それらが均質な大きな空間を形成してしまうのは避けなければならない。別々に異なる空間を構成している必要があるのだ。小さな部屋の組み合わせが、喫茶店の基本的なあり方だと思っている。

0317_5「Y」でも、以前のレコードが数万枚収納されている戸棚は健在で、それの前には、大きな空間から切り離された、小さな空間が確保されている。当然ながら、わたしはこちらの空間に籠もらせていただいたのだ。コルトレーンなどの典型的な曲がかかって、おおいに仕事が進んだのだった。

0317_6夕暮れが迫ってきて、ここからバスで四条河原町へ出て、宿舎を取っているホテル近くにある、もう一軒の喫茶店に入ることにした。繁華街から百メートルほど南へ下がったところにあるカフェ「G」である。ここは初めてであったが、入ってすぐに、居心地の良さを感じた。小さな部屋の複雑な構成をもつほどの建物の余裕はないが、狭い間口から入って細長い通路の両側に、それぞれ異なる小さなコーナーを設けていて、一人でも二人でも、三人以上でも対応できるような複数の形態の席が造られている喫茶店なのだ。

0317_7さっそく、右奥の壁ぎわにある細い棚を前にした独りがけの場所を占有することにする。夜も迫っていて、お腹がすいてきたので、ここの名物「ぐりぐらカレー」を食べる。オクラとレンコンが乗っていて、カレーそれ自体が絵本のようだ。0317_8このように絵本があり、美味しいカレーをだすところは、女性客が圧倒的だが、子連れやカップルも見られた。喫茶店全体が、絵本の「ぐりとぐら」の世界になっていて、昔の世界を思い出すのに、心地よい空間を提供している。帰りに、子供たちの小さな頃を思い出しながら、夜道を歩いた。

« 「事実」は十分にドラマティックだ | トップページ | 言葉を超えること »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/57055617

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館が休館だった:

« 「事実」は十分にドラマティックだ | トップページ | 言葉を超えること »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。