« 群馬の湯宿温泉で合宿 | トップページ | 友人との感性的つき合いについて »

2013/02/24

単純化せずに、複雑なものをそのまま理解する

0224_2朝6時、チャイムが村全体に大音量で鳴り、目が覚める。一斉に世界が動き出すかのごとくだ。障子を通して、雪の影が動いて、さくさくと降っていることがわかる。昨日の風景が白い綿をかぶせたように変わっている。

0224_3夜中の2時まで若手の先生方の部屋で飲んでいた。最初は、清酒があったのだが、次第に強い酒しか残らなくなって、その結果十分な酔いがはいってしまったらしい。0224_4体に残っているアルコールを吸い出してくれるのではないかと、宿の1階にある温泉へ行く。すでに、こんな朝早くから4人の先生方が湯浴みをしていた。まだつんつんした、熟れない新鮮な湯につかると、夜のうちに眠っていた神経にびんびんと響いてくる。手先と足先が頭の中のように、目覚めてくるのだった。

0224_514人の先生方と一緒に、小型バスを借り切って、川場村の社会経営について、見て回ることになった。0224_6事業所の「酒蔵」、観光資源の「吉祥寺」、公社経営の「道の駅レストラン」、さらに小学校を改造した「郷土資料館」に至るまで、K先生のネットワークに乗り、きょうはお任せメニュで盛りだくさんの場所を回る予定だ。

0224_7最初に訪れたのは、「造り酒屋」なのだが、単純に酒を造っているだけではない。見学者を大型バスで受け入れて、同時に即売所として、営業に貢献している施設だ。Hという銘柄で、最初から試飲の場所へ連れて行かれる。0224_8大吟醸Y、生原酒R、にごり酒Yなどが提供された。ここでは多角化をはかっており、さらに酒を使った化粧品まで、試供されることになった。物づくりと販売組織の連携が素晴らしいところだった。

0224_9その後、レストランで食事をし、関東の「道の駅」一番の集客を記録するというところを見学する。現地で無ければ手に入れることが出来ない食材や、農家の特色を強調した品揃えに工夫があった。0224_10川場村は、人口3000人くらいだと聞くが、なぜここでこれほどの商業意識が特別に発達したのか、たいへん興味を持った。外面的にわかることは、ここが豊かであることが一目瞭然であることだ。なぜ豊かなのかといえば、やはり江戸期に蚕の産地であったことが0224_11大きいだろうな、と思った。さらに、山奥の禅寺である吉祥寺の山門から始まって、スケールの大きな遺跡があって、失礼、現役の禅寺があり、0224_12さらに、小学校を保存しつつ、資料館に作り変えているものを見学するあたりになってくると、雪の中にそれらが霞んできて、山の中の夢幻郷のように、思えてくるのだった。

単純化せずに、複雑なものをそのまま理解するということが可能なのかを、今回の旅行中、考えていた。0224_16印象に残っているエピソードは、水路の話だ。建築および都市計画のH先生が、バスの隣合わせの席になり、挨拶代わりにちょっとした謎掛けをしてきた。

昨日訪れた「たくみの里」は三国街道沿いに発達しているのだが、その道には側溝が掘られていて、清廉な水の流れがある。0223_13これらは、H先生の話だと、どうやら近年になって整備されたらしい。江戸期にはその幅の広い街道には、側溝ではなく、じつは道の真ん中に水路が通っていたんです、とおっしゃる。さて、なぜでしょう。わかりますか。

0223_14もちろん、大名行列が行き交うときに、その相互の列が触れないためのバファーである、などの解釈もあるそうだが、H先生は工学部系特有のヒントをいくつか出してくださった。じつは昨日、例のジェーン・ジェイコブスを読んでいて、欧米の都市では、19世紀まで主たる輸送手段は馬車であり、馬の自然摂理物の処理に都市は苦労していたという話を知っていた。それで、類推が直ちにできたのだ。

0223_15都市によっては、水路は単に上水道・下水道だけではなく、気温制御の仕組みであったり、都市の環境そのものであったりする、という話をされていて、かなり複雑な水利用が行われていたことを知る。それで、雨水処理の側溝しか知らないという、自らの認識を塗り替える必要のあることを認識させられたのだった。

0224_17つまりは、時代の要請する水路ということがあって、普遍的な一次利用だけでなく、二次利用など複合的な活用が、歴史上存在することを知ることになった。0224_18帰りは、後閑駅から普通電車で高崎へ出て、そこから湘南ライナー一本で、横浜へ直行した。2階建て電車で、快適な汽車の旅となった。

« 群馬の湯宿温泉で合宿 | トップページ | 友人との感性的つき合いについて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/56923065

この記事へのトラックバック一覧です: 単純化せずに、複雑なものをそのまま理解する:

« 群馬の湯宿温泉で合宿 | トップページ | 友人との感性的つき合いについて »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。