« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月に作成された投稿

2012/11/29

晩秋の陽のなか、鎌倉を歩く

20121130

昨日までの雨がすっかり上がって、陽が出てきた。いつもなら、原稿を書き終わったらそれを忘れて、すぐ他のことに取り掛かるのだが、今回はどうしても頭から出て行ってくれない。夢の中から始まって、朝起きてからも、文章の連鎖が続くといえば、格好良過ぎるが、そうとしか思い様がない状態なのだ。これは一体何なのだろう。

20121130_2先日の教授会の席で、G先生がやって来て、招待券とパンフレットを置いてくださった。「鎌倉興隆」と題する、三つの文化施設の連携特別展だ。G先生の講演会も含まれている。県立金沢文庫、八幡宮の中にある鎌倉国宝館、そして、県立歴史博物館である。それぞれかなり離れていて、全部回るのも一苦労だ。それで、機会をねらっていたのだった。

20121130_3

順番は上記の順にした。ここは迷うところだが、結局は、最後に戻ってくるところに合わせた形だ。金沢文庫と称名寺から、鎌倉国宝館へ、そして、横浜馬車道に至る、かなりの距離だ。けれども、動き始めると、距離は気にならない。

最初に立ち寄った「金沢文庫」では、すごく当たり前だけれど、鎌倉時代の図書館機能に想いを馳せた。20121130_4文庫本というジャンル、現代のものではなく、「金沢文庫」と判を押した一連の収集本があって、古本屋や好事家たちの間を流通しているらしい。多くは、戦国大名や徳川大名を通じて、所有が競われたとある。ステータスのシンボルとして、金沢文庫本が存在している様子が、展示してあった資料から、明瞭に読み取れた。

20121130_5鎌倉時代の書籍の貸借状なども展示されていて、鎌倉時代のカノンとして、金沢文庫本が機能していたことがよくわかった。中学時代に漢文という教科があって、「白氏文集」などが教科書に出ていた。鎌倉時代からの教養の基本文献だったことを改めて知る。

20121130_7裏山を貫通している、隠れ里的な「称名寺」は、戦略上も有効なお寺だったと思われる。極楽浄土を描いた大きな池があり、太鼓橋が渡っている。その全景を眺める場所が特等席で憩いの場所となっている。

トンネルを抜けると、バッハ「人の望みの喜びよ」が流れてきたのだが、それはこのベンチでハーモニカを吹いている人からだった。20121130_6鮮やかな黄色の銀杏の木の下で、この音楽は似合っていた。

金沢文庫駅から、新逗子へ出て、裏から鎌倉へ出る。駅を降りた途端に、人混みに圧倒される。ウィークディの昼間に、この人出があるのだ。早速、八幡宮の中にある鎌倉国宝館を目指す。若宮大路を北に登って行く。20121130_11

自動車道の真ん中を並木道が通っていて、右にカトリック雪の下教会をみて、左にハトサブレの豊島屋を見ながらゆったりと歩く。W大のO先生がブログで書いていた店Gや、その隣のドンブリ専門のBは、行列が出来ていて、到底入れる雰囲気ではなかった。

今日一日で、どれか一つを上げなさいと、言われたならば、躊躇なく、運慶と父康慶の作品をあげるだろう。特に、康慶の「地蔵菩薩坐像(静岡:瑞林寺)」は、どこから見ても、完成度の高い、一つの流派を生み出すだけの 範となる作品だと思われる。崩しようのない綺麗さで、風格のあるものだ。完璧というのは、このような作品についていうのだろう。

20121130_8京都に対抗して、奈良仏師が関東にスポンサーを求めたのだが、その時にすでに京都を上回る作品を収める必要に迫られていたと思われる。20121130_9胸の厚さ、顔の円満さ、身体つきにあふれる自信など、すべて関東武士が求めていたものが体現されている。

20121130_10 そして、運慶が出るのだが、完璧さを外すところがうまいのだ。s字に身体の線を湾曲させ、目にはガラスを嵌めて、鎌倉の現代ということを強く意識している作品だ。自然の木の形をそのまま活かした仏像「大威徳明王座像」は、最晩年の作品だそうだが、他の作品と違って、まだまだ枯れていない。この力強さが武士たちを元気付けたに相違ないだろう。

20121130_12 帰りに、鎌倉小町を通って行こうとしたが、どうにも人混みが動かない。ちょっと外れて、鏑木清方記念館の前を通り過ぎ、小川沿いに道を下っていくと、窓を大きくとったランチの店S倶楽部があった。かなり歩いて疲れてしまったので、ゆっくりとランチを楽しむことにする。

20121130_13 野菜尽くしのランチがあった。出てきたのは、温かい、ちょっとカレー風味のスープと、野菜サラダ。これだけで、お腹がいっぱいになるのか、心配だったが、時間をたっぷりとったから良かったものの、もし短時間だったら食べきれなかったかもしれない。20121130_14菜食主義には最適の場所だろう。写真に写っている野菜サラダだが、上に乗った小さな棒状のは、大根で、ちょっと辛味がある。

その下の紅色のものも、じつは大根で、さらに隣の緑のものも大根なのだ。「紅芯大根」と「緑大根」という、それぞれ形状は三浦大根系と青首大根系のものらしい。つまり、大根でサラダというわけで、このボリュームが並大抵ではなかったのだ。パリパリとした食感を十分に楽しんだ。20121130_19 すべて、三浦の大根なのだそうだ。その昔、子供たちを海水浴に連れていくと、半島の先の方で大根ばたけがあって、辛味大根の大きなやつがゴロゴロしていた。その後、青首大根に市場を奪われていたのが、このような多様な種類の大根として、復活していたのだった。

小町通りへ戻ると、以前妻と来た豆菓子専門店が目に入ったので、今日のお土産はここの豆とした。ブランディーの香りの高い豆があって、触手が動いたが、またの機会もあると思って、今回は自制した。20121130_15それで、写真に写っている物以外にもたくさん購入したのだが、きなこの豆は帰ってすぐに、妻の口の中へ消えてしまった。

20121130_16 湘南ライナーと根岸線を乗り継いで、関内の馬車道へ出る。最後は、県立歴史博物館だ。ここに着く頃には、陽も傾き始めていた。じつは展示品の数は半端でなく、特にめだったのは、青磁の陶片であるが、一つ一つ眺めていたら、いくら時間があっても、到底見切ることができないほどだった。

お年を召した、とわたしから言われたくないだろうが、それでも相当な年の人びとが、リュックを背負って、じっと文献に見入っているところを横から見ていると、何となく仕合わせな気分になってくるから不思議である。元からもたらされた磁器・陶器は、この展覧会では、「威信財」、つまり地位に関する「見せびらかしの消費」という位置づけを採っていた。「しのぎ」という技法がこの時代にも流行っていたことを知る。

20121130_18足をひきづりながら、最後の最後は横浜西口へ出て、いつもの珈琲屋で豆400gと、一杯のコーヒー購入。たぶん、このコーヒーはメキシコ産だと思われる。これを飲んで、今日一日を振り返ったのだった。

20121130_17チケットにある三角形を組み合わせた模様に、三つの金沢文庫、国宝館、歴史博物館の判子を押してもらった。皆勤賞ということであるが、なぜミツウロコになっているのかは、日本史を勉強した人であれば、すぐに判るだろう。念入りに、チケットの左にも、この印の写真が付いている。

2012/11/26

1枚の写真に集積されていること

20121126_2昨日、大学院入試が行われ、先生方が総動員されて一日中面接を行った。これで困るのは、ここ数週間ずっと、原稿に向かい合ってきていたことである。なぜ困るのかといえば、目の焦点距離が違うのだ。だいたい数十センチの範囲で、生活をしてきたのだが、急に数メートルの距離の世界が一日中展開するのだ。それで、すっかり目の焦点を合わす筋肉が緊張のために、疲労してしまうのだ。柔な筋肉を持っている。

20121126_3だいたい数十人と会って、話をしなければならないのだが、この人数規模もほぼ限界状態なのである。かなり内容に踏み込んで専門的な話を聞かねばならない。しゃべるよりは、聴くほうが楽だろう、という人もいるが、終わってみるとどうもそういうわけでもないのだ。

今朝起きてみると、原稿に向かっていた時と異なる目のクマができていて、仕事をしたなあ、という感じだ。原稿に向かう仕事と、どちらの方が良いかと聞かれるかもしれないが、それは程度の問題で、やはり人数の問題だろう。多くの方と会うのは、楽しいが、多すぎると苦痛に変わる。

20121126_4空は明るいにもかかわらず、雨が今すぐにも落ちてきそうな空模様だ。午後から、茗荷谷で打ち合わせがあるので、早めに出て、東京駅へ出る。「行幸ギャラリー」へ向かう。丸ビルと新丸ビルの間にあって、皇居に通ずる地下道がそのまま広いギャラリーとなっている。この地点の地価からみれば、これだけの広さを誇るのであれば、日本でもっとも贅沢なギャラリーだと言える。

20121126_5今、「AP」通信のカメラマン特集の写真展を行っている。十数年前に、放送大学の番組を作るので、現在のロイター通信社を取材して、内部を撮らせていただいた。その時、そのビルの隣が、AP通信社であることを知って、ビルを見に行った記憶がある。1846年設立の報道写真の老舗というイメージだ。

どの写真とは到底特定できないくらい多くの報道写真を、これまで何度も見てきた。百メートル以上あるこのギャラリーを往復して、2012年に世界中で撮られた代表的な写真を見てきた。印象に残った写真は、この二枚だ。著作権の問題があるので、特定の写真を載せることは控えたいが、ざっとギャラリーの風景として撮ったものを、記憶に止めるために、遠目に掲げて置きたい。

やはり、今年のイベントは、ロンドンオリンピックなのだが、そこでテレビでは見落としてしまう、また、一瞬の出来事なので、普通の状態では金輪際見ることができない場面の写真があった。一枚は、乗馬の馬脚に浮かんだ、静脈を写したもので、この浮き上がり方が綺麗だった。茶色の毛皮は、かなり厚いはずで、ここに内容物が反映されることなど、想像すらしたことがなかった。たとえば、鞄の革を通して、内部が浮き彫りになることなどあるだろうか。ところが、馬革は、紛れもなく、馬の皮膚なのである。この当たり前のことに、びっくりしたのだった。このような写真でしか、見ることができない、静脈なのだ。

20121126_6さらに、驚くべき一瞬が記録されていた。「チームリアクション」と題された2012年7月31日のロンドンで、マット・ダナムが撮った写真だ。写真家が観客と逆の方向を見ていたときに、それが起こったのだ。つまり、ロシアのアファナセワ選手が床運動に失敗して、転倒したのだ。だが、転倒したことが、じつは転倒したことだけにとどまらないことを、この写真は伝えてしまったのだ。同僚の選手、トレーナー、コーチたちの反応がみんな異なるのだ。選手は、当然自分が転倒してしまった時のことを思い浮かべながら、叫んでいるのだろう。

20121126_7それじゃ、無表情のトレーナーの様子は何を表しているのだろうか。おそらく、同情を通り越して、すでにそのあとのことを考えなければならないので、冷静な顔つきになったものと思われる。

反対側をみれば、多分選手が転倒していて、それを観客が見ている、という写真になったのだろう。その一瞬の出来事が記録できたということになるだろう。それに対して、こちら側の写真には、もっと多くの情報が含まれていることがわかるのだ。選手それじたいを移すより、このチームを撮ったほうが、もっと選手の転倒がどのような全体像を持っているのかを、如実に語ることができるのだ、ということを知った。

20121126_9ところが、さらに驚かされるのは、AP通信社の体勢の問題が絡んでいることだった。つまり、写真班は3人いて、他の2人が選手や観客を撮っていたのだ。だからこそ、1人の写真家マット・ダナムがこの反対側の写真を撮るに至ったことを知る。1枚の写真が、多くの撮られるべき写真の集積として存在していることを、これほど如実に語った写真はないだろう。あるいは、すべての写真は、この写真のように観なければいけないことを物語っている。

20121126_8ランチは、茗荷谷へ出て食べることにする。地下鉄の裏口から出て、本通りに入ると、「B」という魚屋さんの隣にある、魚の定食屋さんがある。今日が、はじめてなのだが、すでにメニューに見入っている。シラスの釜揚げがあったので、これを頼む。他にも食べたいランチがあったので、また今度来ることにしよう。

2012/11/22

テーブルに原稿を、ドンと

20121122 東西線の神楽坂駅を降りて、新潮社のある坂道をずっと道なりに下っていく。谷間に大久保通りが通っていて、下りきってしまうと、四つ角にあるTチェーンの喫茶店が目立つ。 ところが、ちょっと横丁に視線を走らせたり、上へずらせたりすると、ほんとうに気づかないような、老舗の落ち着いた喫茶店があるのだ。20121122_3娘を呼び出して、塩あじのランチを食べ、その中の一軒の喫茶店に入って、今日最初の一杯を飲む。

20121122_4 そのあと、Kという喫茶店で、編集者の方と待ち合わせる。本があたり一面に積み重ねられていたり、テーブルが本立てになったりしていて、本好きには定評ある喫茶店だ。20121122_5 さっきのチェーン店が近くにあるにもかかわらず、ずっと続いている。一度、来てみたかった喫茶店だ。新潮社などの文芸編集者が原稿の受け渡しに使ったのだろうか、と想像してしまう。

大学院生時代に、論文を書く練習のために、「エッセイを書きなさい」とアドバイスしてくださったM先生がいた。じつは、もう一つのアドバイスももらっていた。それは、出版の編集者と会うときには、原稿をまとめて、できれば完全原稿で、「ドンと目の前に揃える」ことが重要だ、と教わった。

20121122_6 きょうは、残念ながら音はドサっという感じだったが、とにかく相当な枚数の原稿をテーブルに置くことができた。編集者のNさんは行き届いた方なのだが、このような場において、きわめて適切な言葉を使っていて、印象に残った。ドンと「ものが有ると、違います」とおっしゃった。

20121122_7 そうなのだ。書いたものなので、情報であり知識であり、形のない、目に見えない想像のものと思っていた。ところが、この原稿を前に、この言葉で急に「存在」が与えられたのだ。これまで頭の中で、あれやこれやと想われていたものに、一瞬「存在」が付け加わったかのような気分になったのだ。

早稲田通りへ戻り交番まで到達し、そのまままっすぐ行けば、W大へ出る。どうしても、他の図書館にはない本があって、借り出した。原稿として送り出して、空っぽになった頭の中に、また新鮮な言葉が入ってきた。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。