« アジア公開大学連合の年次大会が開かれた | トップページ | テーブルに原稿を、ドンと »

2012/10/28

4年ぶりのクラス会へ出席する

1028クラス会の幹事が高校訪問ツアーを組んでくれた。それで、「見えないものを観たい」という欲望は、誰にでもあると思うが、それが満たされるのは、良いタイミングと良い関係が存在するときだけだ、と思ったのだ。たとえば、冒頭の写真は、わたしの卒業した高校の正面玄関である。ここの脇で卒業時に写真を撮った。それが2枚目の写真である。102843クラス会が開かれている間に、アルバムが回ってきて、それを撮ったものなので、粗雑な写真になってしまって申し訳ないが。この2枚の写真の間には、43年もの月日が流れたはずであり、この43年間をいっぺんに観ようとしてもなかなか無理なところがある。

1028_2ところが、実際にこの場に立ち、玄関に向かってみると、いろいろのものがほんとうに見えてくるのだった。玄関の外灯には緑青がふいていて、古く変わらぬ姿を見せている。玄関を入って、これも変わらぬ板厚の古い扉を開けると、アールデコ調の正面階段が上を目指してホールの中心から伸びている。1028_19「辛夷祭」と呼んだ高校の学園祭では、ここにギリシャ風石膏像を置いて、ステンドグラスを配置したことを思い出した。床は今では珍しい大理石風の石を使っていたので、1028このような簡単な趣向でも重厚な印象を残したと思っていた。

2階に回って、中央に2年生で使った教室、つまり2H教室があった。扉を開けて入ると、若さと汗の混じったような、忘れていた匂いがした。みんなの目を奪ったのは、この机と椅子で、座ってみると、意外なことに身体にピッタリきて、体付きは当時と変わらないことが判った。1028_2小さく見えるこの机でも、座っただけで十分な勉強スペースを確保している。それは座ってみるまで、想像も出来ないことだった。しかし、43年まえには、確実にこの頑丈な机と椅子に座っていたのだ。このことが見えるようになったことでも、今回この場所にきた甲斐があったと思う。木製の机と椅子は、鮮烈だった。2年生のときに、今回のクラス会幹事のM君が大阪から転校して来た。1028_20彼が教室に来たとき、じつは机と椅子がまだ配置されていなくて、急遽物置へ持ちに行って、予備をもらってきたことも見えてきたのだった。

1028_3今は、中間試験の最中らしく、黒板には時間表が書かれていた。それで、机の中も空っぽできれいにされていたのだ。K君はさっそく、ここに座って、何とかさんにこう呟いたのだよ、と芝居かかったことを、女性達に吹き込んでいた。1028_4そういえば、G駅で待ち合わせて、通学路を歩いている最中にも、Nさんが手を繋いで前を歩いていた、と43年の時間を飛び越えて、目の前にいるかのように彼は話していた。Nさんは再来週開かれる中学校のクラス会にくるだろうから、Fさんは早速確かめるかもしれない。もし本当のことならば、ときどきはそのことをきっと思い出しているのだろうな、と思う。1028_5高校時代もスキャンダラスな話題が渦巻いていたことは確かだが、わたしには残念ながら見えていなかった。

1028hみんなが最後に暮らした一番端っこにあった3H教室へ向かった。残念ながら、数学研究室になっていて、鍵がかけられていた。部屋全体が半円型になっていて、明るい窓がぐるっと張り巡らされた中に黒板があって、横に広い教室だった。1028h_2H君は、教室を見ることが出来なかったから、かえって良かったのかもしれない、と年相応の意見を述べていた。見てしまっていたら、見えるものも見えなくなってしまっていたかもしれない。外側から写真を撮って、想像した。

じつは高校時代に、体育の授業中ラグビー試合で、敵方へのタックルに失敗して、鼻の骨を折ったことがあった。1028_6M君は、サッカー試合で、わたしがバックキックに失敗して、自分の膝で鼻の骨を折った、と記憶していたことを今日知った。彼はその後何度かこのことを思い出して、そのたびにその記憶を強化させていたらしい。面白いなと思った。わたしがサッカー部であったことと混同してしまったのだと思われる。この入院していた2週間には、顔のギブスがちょっと煩わしいことはあったが、見舞客が相次ぎ、果物も食べ放題で、高校時代でも特別に甘い生活だった。

1028_7見えないことで興味深かったことは、小学校や大学などの他の教育機関での「校歌」はほぼ思い出されたのであるが、集まった皆がほかのものより、思い出しにくい、と感じていたことがわかったことだ。1028_8写真に写っているのは、わたしたちが卒業した後、だいぶ経ってから創られた校歌の碑だが、それで曲として歌うことができたのは、一人くらいだった。当時は、大学紛争時代であり、わたしたちの卒業時には東大も入試が無かった時代である。それで、高校学園紛争が火を噴く寸前であって、卒業式でも校歌を歌わずに済ましてしまった結果が現われているのではないかと思う。

1028_11バスに乗って、クラス会本体に合流すべく、渋谷へ出る。出席者は30数名で担任だったK先生もお元気で出席だった。健康、仕事、家族が多くの人びとのテーマだった。1028_13大病の方もいる一方で、マラソンにハーフマラソンに、さらにトライアスロンにと、到底年齢らしくない方々もいて、43年を経て、かなりの多様な人生を送り、皆異なる様相を示したことを想像できたことは、とても良い経験だった。すでに物故したかたがたも2名いらっしゃって、その方々の冥福を祈りつつ、多数の人生を想った。ほとんどの方が定年を迎え、仕事人生から自適人生への転換が見えてきた、特徴あるクラス会となった。

1028_14クラス会の醍醐味は、何と言っても、会場に来て廊下当たりで顔を合わすという、その瞬間の楽しみだ。43年前の互いの姿、あるいは前回のクラス会の互いの姿と、現在の姿とを同定するスリリングな瞬間、その瞬間のなかに、「見えなかったものを見たい」ということが現われるのだ。1028_15今回も、中学・高校が一緒だった、KさんやFさんたちとも十分話が出来たし、S君やH君とも変わりないことを確かめた。さらに、珍しく幹事役を引き受けたM君のそつのないマネジメント能力には、新たな面を見たような気がするのだった。女性幹事のNさんにも、また夫であり、次回幹事であるT君にも、二次会の最後まで一緒に付き合っていただいて感謝している。掲げさせていただいた写真の数枚も彼から拝借したものだ。

最後に欠席者からの便りが紹介された。欠席者リストの常連となっているN君がいて、わたしが幹事をやったときに、まだ昔を懐かしんでいる余裕がない、などと天の邪鬼振りを見せていたが、今回もカメラマンから漁師に転換中で暇が無いといってきていた。1028h_3これはこれで、想像力を高められた。外にあっても、元気にしていて欲しい、というエールを贈りたくなった。本人は余計なお節介と言うだろうが。

それで、「見えないものを観たい」という欲望は叶えられたかといえば、十分叶えられたと言いたい。それというのも、上の写真に写っている、学校の木である「泰山木」のように、その幹が「辛夷」であるのだが、表に現われているものも表に現われないものと一緒に生きているということを、確かめることができたからだ。

cat 4年前と同じように、今回もNさん(手を繋いでいたNさんでも、幹事のNさんでもない、もうひとりのNさん)のブログへリンクを貼らせてもらいます。

http://oceansheep.cocolog-nifty.com/mist/2012/10/2012-64b6.html

« アジア公開大学連合の年次大会が開かれた | トップページ | テーブルに原稿を、ドンと »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/56007321

この記事へのトラックバック一覧です: 4年ぶりのクラス会へ出席する:

« アジア公開大学連合の年次大会が開かれた | トップページ | テーブルに原稿を、ドンと »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。