« 「リンカーン」に乗る個性は、個人を超えていくのだ | トップページ | 東京を脱出するには »

2012/08/01

参加している人びとの息づかいが聞こえてくる

Photo_8放送大学の仕事で会わなければならない先生が、都合良く、東大で開かれる研究会へ出席するということで、連絡がとれた。それで、本郷三丁目で待ち合わせる。大江戸線が開通した頃から、この丸の内線駅近辺でも再開発が行われるようになって、駅の雰囲気が変わりつつある。写真のように、ガラス張りの駅舎となっている。

Photo_9改札を出たところ、右側を地下へ入っていくと、クラシック音楽を聴きながらゆったりと待ち合わせることの出来る、「M」という学生時代からの喫茶店があるのだが、まわりの店との競合が激しくて、珈琲の値段を極端に安くしてしまった。それで、この古さにもかかわらず、いつも満席状態だ。仕方なく、駅ビルのすぐ横にパン屋に併設して、新しくきれいな喫茶コーナーがあるので、この2階で待ち時間を潰す。
 
Photo_10仕事の話は、定食屋さんでサンマの塩焼きを食べ、さらに交差点付近のコーヒー屋さんでネルドリップ珈琲を飲む間に、それほどかからず終えることができた。それで直ちに、有楽町へ出て、映画を観るつもりだったが、目的としていたものは、いずれも時間が合わなかった。今日観ないと、これから試験が始まり、採点が続くので、閉じこもっての仕事に入り、映画鑑賞の時間が無くなることは判っていたが、タイミングの悪さは致し方ない。一年のうち、数本はこのようにして、どうしても観たかったが見逃してしまうものが数本でてしまう。

Photo_11桜木町へ出ることにする。ここで時間を潰せば、夕方の映画に合うはずだ。ところが、この日は港の花火大会で、浴衣姿のカップルが広い道いっぱいに押し寄せてきた。それで、映画館も花火大会までの時間を潰す客で、ごった返していた。それに、今日は映画の日でさらに行列が膨らんでいる。
 
3並んで観るまでもないと思ったので、いつものコースを辿って、桜木町近辺を散歩する。この駅前は空の案分に対して随分と開かれていて、さらにそれは海に向かってずっと続くイメージがあり、ここはいかにも横浜らしい風景だと思っている。その視線を狙って、各ビルも意匠をこらしている。

Photo_12ビルの窓から、子供達がのぞいている。それは花火大会の人びとをみているらしかった。それで、その窓から視線をずらせていくと、なぜか陶器の皿の写真が飾ってある。だれがこの皿を見るのだろうか。この皿の大きさと、豆粒ほどの子供達の対比が、写真で観る以上に意外と面白かった。
 
Photo_13散歩のあとは、いつもの「db」で、今日一日を振り返り、さらにまだまだ続く夏休み前の仕事を片付けていく。アルコールがすこし入って、心地よい音楽を聴いていると、夏休みに計画している仕事への発想が湧いてきて、休みが待ち遠しい。けれども、ここへ来て、片付けても片付けても、なかなか減らないのが、仕事なんだな、と改めて仕事の不思議さに驚くと共に、このままどっぷりと浸ってしまいたい気にもなってくる。
   
Photo_14「db」では、バリー・ハリス・トリオがかかっていて、参加している人びとの息づかいが聞こえてくる演奏だった。ビール一杯で、今日は帰ることにしよう。

« 「リンカーン」に乗る個性は、個人を超えていくのだ | トップページ | 東京を脱出するには »

日常生活の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/55520995

この記事へのトラックバック一覧です: 参加している人びとの息づかいが聞こえてくる:

« 「リンカーン」に乗る個性は、個人を超えていくのだ | トップページ | 東京を脱出するには »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。