« 神楽坂でランチをゆったり食べる | トップページ | 神田川の上流と下流には思い出がある »

2012/06/02

研究会連合には、集合効果は存在するか

放送大学の大学院も、10周年を過ぎた。年月が経つということは其れなりに恐ろしいところがあって、積み重ねが残って行くことでもある。大学院生修了者だけでも、数千人の規模になったということである。この中にあって、むしろ喜ばしいことではあるが、大学院修了学生たちの自主的な研究会も、いくつかできてきた。

そこで、これらの研究会を結ぶ連合会を作ったらどうか、という自主的な動きが出てきている。わたしは大いに賛成であるので、最初の段階の話し合いに、かなり積極的に加わっている。今日は、第二回目の準備会の話し合いが、東京文京学習センターで行われた。

現在、このような組織は三つある。環境研究会、政府間研究会、比較地域研究会である。それぞれ別々に発達してきたことが強みだ。独自の工夫で、基本的には、自然発生的に育ってきているところが良いと思われる。主に、研究対象の違いから、少しずつ活動の違いがある。

環境研究会では、フィールドワークが重視されている。地域の環境問題に、入り込んで報告を続けている。政府間研究会では、さまさまな方々を呼び込んでの議論に特徴がある。酒の席も強いと言われている。比較地域研究会は、経済学関連の方々が集まっていて、地域の可能性を発掘する可能性を持っている。

この機会にOBの方々から、継続して研究を続ける場所、それは必ずしも、施設や建物を意味するわけではないが、精神的な拠り所も含めて整えたいという希望が寄せられたのだ。とくに、交流を行う可能性は十分あるし、機関紙の設立など、十分に設立する価値があるように思える。重要事項がザクザクと決まって行く。

中でも、機関紙を作りたいという希望は強い。けれども、紙版で紀要などを作ろうとすると、莫大な時間と費用が費やすことになって、いずれ倒産する憂き目を見ることなってしまうだろう。はじめは、電子版で少しずつ作っていって、実績をあげていただきたいと思うところだ。OBの方々も、第二論文を書きたいと思っているらしい。

|

« 神楽坂でランチをゆったり食べる | トップページ | 神田川の上流と下流には思い出がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究会連合には、集合効果は存在するか:

« 神楽坂でランチをゆったり食べる | トップページ | 神田川の上流と下流には思い出がある »