« 蕭白ショック!とは、ほんとうによく言ったものである | トップページ | バウハウスのデザインの流れは、ここにもあった »

2012/05/16

久しぶりに、サッカーを観た

Photo_41マンチェスター・シティが、マンチェスター・ユナイテットとの一位争いに勝って、イングランド・プレミアムリーグで44年ぶりに優勝した。マンチェスターは、英国取材でいった時に、産業博物館や綿の取引所などで印象深いところだったので、つい注目してしまうのだ。

じつはそれだけでなく、サッカーということについては、中学・高校でサッカー部に属していたことを思い出した。部員の人数が少なかったし、試合数があまり多くなく、廃部寸前の状態であった。この廃部寸前の状態というのは、辛いものがあった。たとえば、この頃から、財政問題に悩んでいたような気がする。

Photo_42この点からすると、マンチェスター・シティよりも、対戦相手のクインズ・パーク・レンジャーズがリーグ残留が掛かっていて、こちらの状況を考えることもたいへん面白い試合だったと思う。もう一つの残留をかけていたボルトンの試合結果がこれに関係していて、たいへん複雑な状況があった。一時、ボルトンが2-1で勝っていて、クインズ・パークが負けていて、残留がひっくり返りそうになって、双方が必死になる場面があって、このような時にどこまで頑張れるかが、試されることを知った。

Photo_43つまり、マンチェスター・シティは、「粘り」ということで、観るべきものを持っていた。今期ずっと一位を続けてきていたのだが、4月にマンチェスター・ユナイテットが一位になって、この時点で勝ち点もかなりの引き離されていた。それにもかかわらず、それを跳ね返して、マンチェスター・シティが一位に返り咲いての最終戦だった。マンチェスター・シティは勝てば優勝ということだったのだが、さてどうなるのかというギリギリの試合だった。

Photo_44それで、優勝や残留の競争ということで、粘りが問題になると、通俗的に思っていたら、どうやら問題の中心は、別のところにあるらしいことがわかって、なるほどという気分になった。

何が公平なのか、ということが、じつは今回の隠れた中心点だったのだ。これを問題にした新聞記事や、ネットの報道が散見された。タフさが、貨幣と関係しているのだ。

アラブ資本によるチームの増強、選手の移籍、試合の駆け引き、それらがすべて凝縮された最後の試合であった。

Photo_45さて、後半45分が終わったところで、マンチェスター・シティは、クインズパークにリードをゆるしていた。ロスタイムがわずかに5分というところから、頑張った。ここからの2点というのは、思い出しても、感情が高ぶるのだ。取材をして、エールを飲みながら、パブでテレビを観た時のあったことも思い出した。

« 蕭白ショック!とは、ほんとうによく言ったものである | トップページ | バウハウスのデザインの流れは、ここにもあった »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/54770175

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに、サッカーを観た:

« 蕭白ショック!とは、ほんとうによく言ったものである | トップページ | バウハウスのデザインの流れは、ここにもあった »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。