« 月夜空の下、ささやかな想いが育っていた。 | トップページ | 映画「マネーボール」 »

2011/11/15

映画「ラビットホール」

朝起きて、天気が良いのにつられて、千葉市内へ出る。いつものように駅前から、100円バスに乗って、本町3丁目で降りる。「きぼうる」と名付けられた、大きなガラス張りの県の施設があって、多目的なというのか、雑居ビル風に使われている。空間がたくさん取られていて、かなり贅沢な使い方をしている。たぶん、バブル時代の遺跡のひとつではないかと思われる。時代が経ってみると貴重な資源となっている。でも、かなりの税金が使われていることは間違いないだろう。

千葉劇場で、映画「ラビットホール」を上映していて、不思議なことに、ここ以外には首都圏でもあまり上映されていない。映画の趣味が、みんな合うとは思われないが、それにしても偏在は否めない。

千葉劇場の特徴は、年配者が多い点であり、それも女性はグループで来る。男性は圧倒的に一人が多い。それで、全体に落ち着いていて、ちょっと落ち着きすぎているような気もするが、居心地が良い。前の方の特等席は、みんな控えめなせいかいつも空いていて、助かる。今日も前から5番目くらいの、真ん中の特等席を占めた。もちろん、慎み深く、開演直前に席につくことにする。

ニコール・キッドマンが製作に加わったとクレジットされているとおり、冒頭から彼女の趣味が出ていた。彼女がガーデンで花を植えるシーンから、映画は始まる。屋根からのショットで庭が写って、屋根の端からガーデン道具を荷車で牽いて、彼女は登場する。日中にガーデニングという、日常そのものを象徴するシーンは、きっと彼女の趣味ではないかと思われる。そこへ隣の奥さんが現れて、食事に誘われるが、その足元で、花が踏みつけられている。別れてから、その折られた花をじっと見ている。何気ないシーンではあるが、映画全体をそのまま語っている。

ざっくり言ってしまえば、子供喪失感から、いかに回復するかがこの映画のテーマである。ところが、夫婦の問題で難しいところは、片方が深刻で、片方が深刻でなければ、全体としてバランスが取れるのだが、共通の問題というのは、意外に、このようなバランスを取ることが難しいのだ。

そこで、家族以外の、外のグループに頼ろうということになるのだが、これは日本には無い文化だ。きわめて、アメリカ的だと思われる。そこで、映画のようなグループセラピーが主人公たちによって、批判されることになるのだ。ということは、アメリカでも、このようなセラピーの在り方に批判が存在するということで、必ずしもアメリカ的とはいえのだろうか。

主人公は結局、夫や妹や、さらには母親との葛藤の中で、次第に回復を図ることになる。ひとつだけエピソードを紹介するならば、石の比喩はわかりやすかった。子供を失った当初は、重い石を負った気がした。けれども、次第にそれは軽くなって、小石になって行く。しかしながら、それでその小石が消えるわけではない、と母が語るシーンは印象的だった。

« 月夜空の下、ささやかな想いが育っていた。 | トップページ | 映画「マネーボール」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/53337060

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ラビットホール」:

» ポケットの中の石 [笑う学生の生活]
23日のことですが、映画「ラビット・ホール」を鑑賞しました。 息子を交通事故で失った夫婦の物語 子どもを失う苦悩・・・ 設定としては ありがちだが 静に丁寧に描いている 出演者 皆 いい演技をしているが ニコール・キッドマンの微妙な不安定加減が非常に巧い ニコ...... [続きを読む]

« 月夜空の下、ささやかな想いが育っていた。 | トップページ | 映画「マネーボール」 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。