« 青リンゴと夕陽と富士山と | トップページ | 学術と政治の夢を見ながら、海とウォーキングを楽しむ »

2011/10/21

映画「ツレがうつになりまして。」

Photo_2世の中には、なかなか理解できないことがあって、心の境界問題はとくに見えないのだ。けれども、ほんとうのところ、よくわからないことがあっても、本人には失礼だが、そこが不思議なことに面白くもある。映画「ツレがうつになりまして。」を観る。漫画家であるハルが、主人公である。そのツレがウツ病になって、会社を辞めることになる。色々な事件が起こるが、それらを乗り越え、社会復帰する様子を描いている。

複雑な病気であるウツなのであるが、目に見えないところを、いかに見えるようにするのかというところが、この映画の腕の見せ所だと思われる。さて、ウツになったということを、どのように映画として見せるのだろうか。

Photoちょっと変な言い方かもしれないが、「エッジを切る」という表現はどうだろうか。説明は必要かもしれないが、直感的な理解ができるかもしれない。写真を撮っていて、木樹と空の境目がくっきりとわかる時がある。これは、境が明瞭である、という証拠だ。それに対して、写真を見ていても、境目がはっきりしない場合がある。

それは、レンズが曇っていたり、ピンボケだったりするのではなく、明らかに映るものが不自然に飛び出ていたり、形がおかしかったりして、通常とは異なる映像が映る場合があるのだ。ここで掲載している風景の写真のように、シャープに形が見えていれば、問題はない。けれども、この境界が曖昧になりだすとふつうではないことが起こっているということだ。

この映画で、「エッジを切る」ことがうまくいかないところがあり、どのような場面でそうなのかと言われても、なかなかわからないかもしれないが、監督がとくにこだわったと思われるシーンで、繰り返されているところがあって、成る程と感心したのだ。

それは、髪の毛に寝ぐせがついていて、立ってしまっている、という単純な映像だ。何だそんなことか、という向きもあるかもしれないが、これは中々な表現だとわたしは思う。ウツがひどくなって、会社に出たくなくなるときには、必ず髪の毛が立っている。そこから、髪の毛が立っていると、具合が悪いということを象徴しているのだな、と映画の聴衆に訴えかけることができることになる。

Photo_3じつは今日歩いていて気がついたのだが、わたしも今日は髪の毛が立っていて、自分では気がつかない状態だったのだ。ところが、朝日を浴びて、歩いていると、自分の影法師が現れて、アタマの部分から、髪の毛が立っているのがわかった。

髪の毛は、自分のものであるにもかかわらず、自分ではわからないのだ。エッジを切ることができるならば、何も問題がない、ところが、自分では分からない内に、突出してしまう部分を作ってしまっていて、他人にはそれが見えてしまうのだが、自分ではずっとそれがわからないのだ、ということが起こってしまうのだ。

Photo_5境界問題の生じているところでは、ある部分は奇妙に几帳面に見えるのだが、それ以外の部分のところでは、他者に対して無頓着に現れてしまうところがあるのだ。このような不明瞭な部分が現れたら、ウツということかもしれない、と直感的な理解をしたのだ。

 

« 青リンゴと夕陽と富士山と | トップページ | 学術と政治の夢を見ながら、海とウォーキングを楽しむ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/53113239

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ツレがうつになりまして。」:

« 青リンゴと夕陽と富士山と | トップページ | 学術と政治の夢を見ながら、海とウォーキングを楽しむ »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。