« 別府の街歩き | トップページ | 温泉三昧 »

2011/06/21

大学訪問

今日は、朝の9時から一日中、勤勉に働いた。大分学習センターN事務長に連れられて、放送大学本部の連携教育課O氏と一緒に、午前中は別府市のはるか雲の上にある、「天上の城」の雰囲気を持つRA大学を訪れ、午後には放送大学が職員の方々と敷地とをお借りしているB大学、そして国立大学のO大学を回った。Photo_7じつはわたしはなぜか、大学間の単位互換などについて話し合う放送大学の「連携企画委員会」に、当初から所属していて、最右翼(?)を形成していて、機会があると大学訪問することになっていた。

Photo今回のRA大学への訪問は、たいへん期待していた。放送大学が行なっている「単位互換モデル」には、通常2種類ある。相手先の大学が、放送大学の単位を取る場合に、(1)手を掛けて支援体制を強く持つタイプと、(2)学生の選択に任せて自由に単位を取らせるタイプである。RA大学は、後者の典型であり、自由に科目登録させている。単位取得に対してほとんどサポートは行なっていないのだが、なぜか数百人の規模で互換が成立している。どうしてこの大学では、多数学生の単位履修が可能なのか。企業秘密?に属することなので、詳細には言えないが、この大学が多様性を追究しているからだ、といえるのではないか。今回のヒアリングでも、期待通りに、認識を新たにする素晴らしい知識をたくさん仕入れることができた。

Photo_6じつは、単位互換の多様性モデルは、知識社会論を展開する場合にも、有効な考え方であり、知識の多様化現象を研究対象としている、わたしにとっても、たいへん参考になるところである。対応してくださった、F先生と優秀な事務スタッフの方々に感謝したい。

Photo_2写真でわかるように、別府湾がはるか遠くに見える。温泉地帯を縫うようにして、山を自動車で登っていくと、ほぼ頂上地帯にある。山の上を切り開いて作った高原に、校舎のビル群が並んでおり、隣接するところに鉄橋が掛っていて、高層の学生寮が建っている。アメリカ型の郊外型大学と同じで、勉強だけに専念するようなキャンパスになっている。Photo_3


B大学は、山を下りて、市街地の中にある都市型の大学である。上記の(1)のタイプの大学で、専任の先生が係りとなって、放送大学の授業を勧めている。じつはB大学理事長のH氏は、放送大学の大先輩にあたる方である。仕事の話もきっちりさせていただいたが、同時に、昔話にも花が咲いた。20年前の放送大学のことに話が及ぶと、忘れていたような様々なことが思いだされてきた。Photo_5そのなかのひとつは、もう時効が成立しているから明らかにされても許されると思われるが、わたしが知らなかった事件で、口髭切除事件というのがあったそうだ。ある先生が当時口髭を生やしていて、飲み会があった後、酔っ払った勢いで、誰かが切り落としてしまったとのことだ。さて、誰のことだったでしょうか。当人と思われる人物に、酒の席で一緒になったら、詳しく聞いてみたいものである。このことを含めて、他の様々なことについて、H氏の記憶力の良さに驚かされた次第である。放送大学も、そろそろ30年史編纂を考える年代に入ってきている。記念会には、ぜひいらっしゃっていただきたいと思う。

2O大学へは、大分市に戻っての訪問となった。副学長のO氏、理事のI氏など、はじめは挨拶だけということだったが、つい質問することが多くなってしまった。ここでも人間関係の不思議さを再認識することになった。放送大学の前理事長が非常勤の理事になっているのは、不思議ではないが、歴代の訪問者の方々が植樹を行なう習慣があるらしく、梅の木がたくさん植わっていた。また、O氏の知り合いが放送大学にいらっしゃることも知らされて、大分コネクション恐るべし、との感想を抱いて失礼した次第である。

Photo_4さらには、N事務長の奥さんにも、車の世話をしていただいた。大分・別府地域にどっぷりと浸かった、濃厚な一日となった。O大学のことを、「ぶんだい」と呼ぶことは初めて知った。奥さんをはじめとする、分大コネクションにも、ほんとうにお世話になりました。

« 別府の街歩き | トップページ | 温泉三昧 »

大学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/52060959

この記事へのトラックバック一覧です: 大学訪問:

« 別府の街歩き | トップページ | 温泉三昧 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。