« 「こころを読む」ことの難しさ | トップページ | 親密圏の問題 »

2011/04/28

混沌から抜け出して

Tutuji連休に入ってしまうと、どこへ行っても人混みが絶えないので、それじゃ休みのまえに済ませておこうということで、午前中には申し訳程度に仕事を行って、午後も遅くなってから、妻と出かける。

Sibafuむしろ、暖かい太陽に誘われたと言ったほうが、合っているかもしれない。それほど、天気が良かった。道すがら花々が咲きほこっていて、ずっと部屋に閉じこもっていたことが嘘のようである。すでに盛りを過ぎた桜や、これから咲こうとしているツツジ、満開の藤棚を愛でつつあるく。暖かいのだが、風が強く吹いて、心地よかった。すでに、5月の気候である。

Umi

横須賀美術館は久し振りである。企画展は、「川端実展」で、キュビズムから始まって、機械をモチーフとした抽象画から、グッと個性が立ち上がってきた作家だ。初期の作品で「かごをつくる人」がある。作ることを、抽象的に表現するのはたいへん難しい。かごの編まれることをプロセスとして示している。作るまえの混沌と、編まれていく秩序とが混然として表現されていて、産業経済を勉強するものとして興味深かった。Kawabata

これも初期の作品である「ガラス工場」にも、表現は異なるが、混沌と秩序が表現されていて、最終的には、赤の色調で統一感を与えることになっている。


注目したのは、「近代の不安」と、「近代の秩序」である。たとえば、「B作品」という絵画では、右に混沌とした塊が描かれている。しかし、左に秩序をもたらす文字らしきものが描かれている。これらは、全体として統一されているかといえば必ずしもそうではないが、しかし、秩序というものが、混沌秩序を完全に支配してしまうものではなく、単にリズムを与える程度にすぎないことさえわかれば、このような連作はたいへん意味ある作業ではないかと思われる。


Nyklineさて、常設展へ行くと、水彩画特集を行っていて、「三宅克己」が数枚展示されていた。有名な代表作こそなかったが、特徴ある何枚かがあった。「横浜風景」はおぼろな洋館を背景とした坂道を描いていて、横浜らしさを出している一枚だった。来月末には、徳島へ出張があるのだが、そこの美術館には三宅克己が大量に所蔵されているらしい。寄ろうか寄るまいか、ちょっと迷っているところである。

Lenz屋上に出て、海を行き来する大きな船たちを眺めていると、希少な時間が右から左へ去っていく気分だ。グローバリゼーションの尖兵として、世界を駆け巡る船たちが行く。スローモーションのフィルムが海の中にセットされていて、クロニクルのドキュメンタリーを目の前で観ているようだ。Hasirimizu

バスを逃して仕舞ったので、隣の「走水港」を観に行こうということになって、歩いて行く。その頃には、すっかり陽が落ちてしまい、闇が迫るまえの束の間の風景の美しさを演出している。三浦半島越しに、富士山がこんなに赤くみえるとは思わなかった。Fuji妻が最近読んだ川本三郎の本の中で、沢村貞子がちょうどこのような横須賀からの赤富士を観たという回想を描いていたことを思い出していた。バスを逃した効用を満喫しながら、水道トンネルを抜け、現実世界にようやく舞い戻った。


|

« 「こころを読む」ことの難しさ | トップページ | 親密圏の問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 混沌から抜け出して:

« 「こころを読む」ことの難しさ | トップページ | 親密圏の問題 »