« 東日本大震災 | トップページ | 「わたしを離さないで」 »

2011/03/19

震災時のゼミナール

震災から1週間が経った。まだ、東北の街は通常の生活ネットワークから外れているところが多い。瓦礫の山が少しずつ片付けられているが、住んでいた人びとの思いはまだ元のままを彷徨っていることが報道されている。思いが砕かれて、家族や近隣の人びとがバラバラになっている様子が知らされる。

避難所生活は、とりあえず生きるというところに中心があって、そこで暮らすわけにはいかない。段ボールの遮りを施しても、私的な空間は破れたままだ。すこしずつ避難所に物資が届けられてきているようだが、余裕があるところは少ない。当分はこちらから寄付が寄せられても、なかなか必要を満たすまでにはいかないだろう。窮乏生活は続くと見られる。

こんな中で、大学院の研究指導ゼミナールの日が来た。みんな働いているので、出席するのが無理な学生が出ることをあらかじめ予想して、いつものように虎ノ門へ集まるのは中止していた。けれども、それじゃ、テレビ会議ですこし余裕がある人だけゼミナールを行なおうか、ということになって、参加者を募ったら、広島、大阪、東京、埼玉、茨城、そしてわたしは横浜からと、合計6名の参加があり、一応ゼミナールの形は保つことができた。考えてみれば、このような緊急の場合こそ、テレビ会議が有効なのだと思う。震災のために市内が断水していて、数日間風呂に入っていない人も参加出来たことを喜びたい。

ゼミナールでは、話に夢中になって聞いていたので、テレビ会議であることを忘れるほどであった。通信なりの成果があったと思われる。だから、ゼミナール自体は成功であったといえる。しかしながら、ゼミナールで問題になったのは、これとはちょっと違ったことだった。

それは、このような時期にゼミナールを開催すること自体の、いわば倫理的な問題に議論があった。ゼミナールの欠席者からは、家族が被災したから、あるいは、毎日徒歩で5時間も会社に通っていて余裕がないから、さらには、職場で東北へ要員を出さなければならないので人の余裕がないからなどという、震災の影響でゼミどころではないという声が聞こえていた。それは、余裕があるならば、ボランティアをしてでも、被災者のために働くべきだ、という暗黙の声となって届いてきていた。

このような時期に、なぜゼミを開くのか。参加者みんなが、この問題は重要だと感じていたから、議論となったのだと思う。まただから、ゼミナールの議論がいつの間にか、震災の問題点へ転じていたこともたびたび起こった。テレビのCMがすべてAC(公共広告機構)になっていて、企業広告が入らなくなったことも、話題となった。なぜ企業は広告を自粛するのだろうか。プロスポーツ開催の自粛問題も雑談に出てきた。いずれにしても、非常時には規制が働いて当然であるという雰囲気があった。

大震災が起こったとき、最初に行なうべきことは、生命の確保であり、これを差し置いて、楽しみに走ったら、社会倫理に反することになるだろう。だから、ゼミナールも直後であったならば、中止した方が良かったかもしれない。けれども、その後は、相対的な問題だ。みんなが非常事態に引き込まれると、かえって日常を回復することから遠のいてしまうこともある。ここは難しいところだ。なぜゼミを開くのか、と問われて、いろいろな理由をつけることは可能であると思われるが、最終的に残るのは個人的な理由や社会的な理由というよりも、もっと超越的な理由なのかもしれない。

80歳を超える学生の方からメールが来て、地震の時に近くのホールへ避難させられて、パイプの椅子にずっとすわっていて、自宅に帰ったのは、鉄道が回復してからで、午前1時を回っていたとのことだった。放送大学生らしいな、と思ったのは、地震にあった場所である。論文を書くために、市立図書館に居たのだという。もう何も言うことはない。

« 東日本大震災 | トップページ | 「わたしを離さないで」 »

学問の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/51226110

この記事へのトラックバック一覧です: 震災時のゼミナール:

« 東日本大震災 | トップページ | 「わたしを離さないで」 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。