« 産むという関係 | トップページ | 東日本大震災 »

2011/02/24

デザインを歩く

教材の作成がだいたい終わった。今年度は、5人の合作だったので、多様な可能性を追求できる。組織論的にいえば、スラックの魅力がある。そこで余裕のある一環として、教材のちょっと背伸びした新しい使い方を考えてみた。

考え出すと、夜も眠れず、とまではいかないにしても、これまで考えられなかったことが次から次に出てきて困るほどだった。その中で実現しそうなことだけを、最後の収録の時に、もうひとりの主任講師であるI先生に相談すると、すぐ賛成してくださった。近くにいたYディレクターをはじめとして、HディレクターやIディレクターが最初は何の話かと、怪訝そうな顔をしてはいたが、話すうちに理解してくださった。学生の方にどれほどアピールするのかはわからないが、試して見る価値はありそうだという点では、一致をみた。

今日はそういう訳で、珍しくデザイン会社へ制作プロモーションである。Rという会社のHさんに今回の放送教材ビデオ「格差社会と新自由主義」のパターン制作でお世話になっていた。わたしは、「優等生」だったので、直前にお願いすることはなかったが、I先生はぎりぎりの期限で会って依頼していたらしく、それでHさんとは顔なじみとのことだった。

イラストが素晴らしいと聞いていた。今回は出だしからラッキーだ。映画と同じで、仕事が成功するか否かは、キャスティング、つまり人びとのネットワークがうまく働くかで決まるのだ。

Hさんは、にこやかに応対してくださり、順調に予想通り進む予感がした。予算の問題があるが、たぶんどうにかなるだろう。なにしろ、これは放送大学が常日頃主張しているような、学生のための教材作りの一環だからだ。さあ、何ができるか、ご期待のほどお願い申し上げますというところだ。

Photo
NHKの西門近くにある会社を出て、学生時代に良くきた宇田川町のはずれを歩く。「東京カフェを旅する」に載っていた、喫茶店「マメヒコ」が近辺にあることを思い出した。レモンケーキと浅煎りコーヒーで一服する。渋谷時代に通って、勉強部屋として使っていた「ブラックホーク」の雰囲気に何となく似ていて、茶色のくすんだ壁に大きなテーブル、上から照明が降りてきて、渋谷的で地味な雰囲気を一瞬感じたしだいである。けれども今日、原稿を取り出して仕事をしていたのは、わたしひとりであった。だから、こんな想いは、わたしだけの特殊事情なのだ。いずれにしても、35年も前のことだったのだとあらためて時間の隔たりを感じた。

Photo_2
デザインをお願いしたついでに、次は目黒の庭園美術館へ回る。久しぶりだが、いつ来てもこの庭の懐が深い。この様子が、手を伸ばし、さらに欠伸をしたような気分にしてくれる。アールデコの建物の上にぽっかりと開いた空間が贅沢なのだ。

タイポグラフィック・ポスター、つまり文字によるデザイン表現のポスター展が行なわれていた。ポスターについては、これまで何度も足を運んだが、流れがよくわからないのだ。今日の展覧会はそれぞれまとめてあって、代表的な作家の典型的なポスターがよくわかった。ヤン・チヒョルトの構成主義ポスター、マックス・フーバーのグランプリポスター、マックスビルの展覧会ポスター(この円形の一端が撥ねているのは、誰の何を表しているのだろうか)、ウェス・ウィルソンのグレートフルデッドポスターなどなど、他にもたくさんあったのだが、全部が全部、とても印象に残った。

会場に入って、大広間に飾ってあった有名なカッサンドルの「デュボネ」ポスターをみたのだが、それぞれ1枚ずつみていったら、何時間かかるかわからないな、と思っていたところ、次の間から救い主の声が聞こえてきた。偶然にも、今日は学芸員のギャラリートークの日だったのだ。たいへん的確な紹介が続き、わたしのような素人にもよくわかる解説だった。ちょっとおかしかったのは、横尾忠則の天井桟敷ポスターと、鈴木清順監督のチィゴイネルワイゼンポスターに対して、特別の思いれがあるところだ。わたしたちの世代であれば、この思い入れは理解できるところだが、聴衆はこれらの60年代から70年代の感覚が分からないようだった。学芸員の方は明らかにずっと若い方だったので、ちょっと不思議な感じがした。Photo_3

« 産むという関係 | トップページ | 東日本大震災 »

絵画・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/50962235

この記事へのトラックバック一覧です: デザインを歩く:

« 産むという関係 | トップページ | 東日本大震災 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。