« ネットワークを作る動機 | トップページ | K-サポートの人びと »

2011/01/30

純正のアナログ時計

C2珍しいことに、娘から連絡があって、ご馳走するから出てこないか、とお誘いを受ける。昨年の誕生日ごろ、ちょうどこちらの仕事が忙しくて、そのままになっていたことが今頃になって、悔恨の情となって出てきたのだろうか。

歩いて都立の現代美術館へ行く。途中、かつて深川の谷?があったところが、自然公園になっていて、散歩道が続いている。釣り糸を垂らしている人や、近くに住む外国人の子供達が遊んでいた。寒い一日だったので、水溜りも凍っていた。

A4「トランスフォーメーション」展と、「オランダのアート&デザイン新言語」展が最終日だというので、駆けつけたのだが、若い女性ばかりが列を成していた。「トランスフォーメーション」展は、映像中心の今までにない時間を食う展覧会だった。おそらく、まともに全部見ていたら、正味であっても、数日かかることだろう。なかには、ひとつを観るだけで、3時間かかるものもあった、エンパイヤビルに鉄板を一枚一枚重ねて行くなかで、フラットなドラマが進行して行く。一枚一枚重ねる度に、連続的なトランスフォーメーションが起こっているということなのだろうか。人間が獣になったり動物が人間化するというトランスフォーメーションは分かりやすい。問題は、トランスフォーメーションの後、どうなるのか、ということなのだが、そこに至ることは容易ではない。現代美術の難しさがここにあると思われる。可能性は言えても、その先はまた変化するのだ。

C「オランダのアート&デザイン新言語」展には、共感することが多かった。言葉を中心にまとめているために、方向性がはっきりしているからだろう。目立ったのは、マーティン・バースのグランドファーザークロックだ。大きな柱時計の文字盤には、そのなかで針を消して、時が経つと同時に、更新して書いている人が写っている。アナログ原A_3型とでもいうべきものを描いているのだ。時計は、あらゆるメカニズムの典型的な機械である。それを手書きで描くというアナロジーは、分かりやすいだけでなく、時間破壊的な行為だ。時間こそ、自動運転の権化だったにもかかわらず、手仕事で描いて行く。

A_2


A3もしこのような時計が家にあったら、気になってしょうがないだろうな。この時計をつくるためには、少なくとも12時間かかっている。このこと自体、あり得ない時計なのだ。あり得ないものを目の前に現出せてみる、という芸術本来の機能を率直に提示していて、面白いと思う。

Bもう一つ、おもしろかったのは、マルタイン・エングルブレストの迷路的なエンロールゲームだ。ポスターに従って、ドアを選んでいくと、終点には皆が待っていて、コングラチュレーションといって、そのひとの人生選択を祝福する。最後はたわいもないゲームで終わるのだが、なぜか現実の人生にダブって見えてきてしまうのだ。芸術は、B2現実の人生にかなり影響をあたえている、ということを見せてくれるのだ。だから、どうということではないが、このように人生を振り返って見ることも面白いなということだと思われる。


« ネットワークを作る動機 | トップページ | K-サポートの人びと »

絵画・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/50911863

この記事へのトラックバック一覧です: 純正のアナログ時計:

« ネットワークを作る動機 | トップページ | K-サポートの人びと »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。