« アジア的多様性 | トップページ | 「ガレット・デ・ロア」という新年を祝うケーキ »

2010/12/31

「南天」の生態ネットワーク

Photo 実家へ向かっている途中で、電話をすると、母がお供えの仏花を忘れてしまったので、買ってきて欲しいという。駅前の花屋さん、あれここはコロッケ屋さんだったのじゃなかったっけ、に寄って、花束を買った。白い紙に包まれた束を見ていくと、ちょっとずつ中身が違っていて、どれを選んだらよいのか迷って面白い。この店は、保存用の液を付けてくれるので、向かいの花屋よりも客が入っている。

近頃は温室栽培が中心を占めているので、どんな花でも包みの中に入っているが、冬の仏花の定番は、やはり松と、それからこの「南天」(この写真の実は、母が言うには「千両」か「万両」らしい)である。これがヒイラギでも一応許せるが、やはり南天でないと寂しい。

Photo_2 と言っていたら、ヒイラギだらけの塀があって、ちょうど正月用に刈り込まれて、赤い実だけが露出していた。これを見ていると、正月というより、クリスマスになってしまう。やはり、正月は南天でなければならないかな。

わたしが南天になったつもりで、ちょっと想像してみた。なぜこの「赤い実」を付けなければならないのだろうか。目立ちたがり屋なのだろうか。そんなことはない。赤い実は人を惹きつけると同時に、遠ざける効果を持っているのではないだろうか。

Photo_3 南天は、とくに赤い実が目立つから、格好の鳥の標的になるはずである。赤い実が目立って、鳥を惹き付ければ、体内に取り込まれ、運ばれ、種が遠方まで運ばれる効用があるだろう。そこで、食べられた実は、体内から出るときに、種となってその土地に芽を出すことになる。それで、南天の「種の保存」が広い地域にわたって可能になる。ここに南天と鳥による自然生態系がひとつのネットワークを形成することになる。

この話には、じつはいくつかの留保が必要だ。じつは南天には毒素が含まれているというのだ。ほんとうのところはわからないが、もしほんとうならば、薔薇の花と同様に、美しいものには棘がある、ということになって、南天の実は食べられずに、鑑賞用として枝にそのまま保たれ、その土地にしか実を結ばない植物、つまり場所に依存する植物であるということになるだろう。

さて、どちらがほんとうだろうか。赤い実で鳥を惹き付け、遠くに実を飛ばしているのか、それとも、毒の実をつけて、赤い実は観賞用として付けているに過ぎないのか。どちらがほんとうなのだろうか。再び、南天の身になって考えてみよう。わたしが南天なら、遠くへも行きたいし、永く赤い実を付けてもいたい、と考えるだろうな。どうも文献によると、南天の毒素はたいへん緩いらしい。だから、食べたとしても、緩い下痢を起こす程度ではないかと想像する。ということは、ある程度食べられもするが、かといって、すべて食べられてしまうほど美味しいものではない、ということだ。消化されることなく、体内をスムーズに通過したほうが、実のためにもよいかもしれない。

2 南天に生きる戦略というものがもしあったと仮定するならば、それはかなり高級な「赤い実」大作戦だったのではなかろうか。それで思い出したのだが、わたしが小学校時代を過ごした松本市は、水が豊富で、その水が流れる敷地沿いには、かならず生垣があって、その生垣に多かったのが、松なのか低木の松状の葉が付いて、やはり赤い実がなる生垣だった。それで、その赤い実は食べることができて、甘いのだ。友達と道草をしながら、摘んだものだ。

小学生が食べられるのだから、当然動物たち、とくに鳥たちは啄ばむことができる。それは柿と同じで、甘柿は食べられるが、渋柿は残るという自然法則が存在する。柿のネットワークはこれでできていると聞いた。つまり、もし近くで柿の木が増えたならば、それは渋柿であり、もし遠くにあって柿の木が増えるのであれば、それは甘柿になるのだ。

« アジア的多様性 | トップページ | 「ガレット・デ・ロア」という新年を祝うケーキ »

コミュニティ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/50474704

この記事へのトラックバック一覧です: 「南天」の生態ネットワーク:

« アジア的多様性 | トップページ | 「ガレット・デ・ロア」という新年を祝うケーキ »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。