« 「善意」あるいは「悪意」の集合効果 | トップページ | まーるい余白 »

2010/06/10

街を歩いて次々に人と会う

日ごろ、弘明寺を離れて仕事をしていて、久しぶりに帰ってくると、なんとなく懐かしい感じがする。京急線の品川駅で見つけたバームクーヘンが美味しそうだったので、ひとつ求めたまでは良かったのだが、快特電車に乗って、本を読みだした途端に、網棚に置いたのをすっかり忘れてしまった。ここは限りなく悔しいところだが、博愛の精神を発揮して、どなたかの胃袋に貢献できれば幸いと思うことにした。

弘明寺駅を降りて、街を歩いていると、今日打ち合わせを行おうと思っていたTAのKさんが、OBのHさんと前を歩いている。お互いに遅刻するところだったですねと言いつつ挨拶する。弘明寺公園の植物環境を実地見学するという、珍しい面接授業を手伝っての帰りだそうだ。Hさんはカメラをぶら下げていたから、きっと神奈川学習センターだよりに掲載されるのではないだろうか。

弘明寺公園は、わたしの日々の通勤で通るところなので、隅から隅まで良く知っているつもりだったが、がけ崩れのあったところがわかる植物だとか、公園の北側に広がる料理旅館の竹やぶ模様など、近所に住む者よりも詳しく研究なさっている先生がいらっしゃるらしい。生物の先生でなく、地学の先生ならば、この小さな丘がどのようにできたのか、お聞きしたいとは思っていたのだが。

神奈川学習センターの手前に、横浜国立大学の留学生会館があり、その続きに現在国際交流会館が新たに建てられている。かなり大規模な工事を経て、おおよそ外観を現しつつある。モダンなマンション風の交流会館だ。1階には、コンビニも入るそうだから、センター利用の学生にとっても、たいへん便利になるだろう。

3月までに、じつは神奈川学習センターも改装工事が行われたらしい。それで、26年前からある、いつも荒れ果てて、学生や職員が総出で手入れをしていた中庭が、すっかりレンガタイルで覆われていた。みんなで泥だらけになりながら、整備した日々を思い出した。今後は、木漏れ日の中庭で、読書する学生や職員も現れるのではないかと思われるほど、洒落た場所に生まれ変っていた。見覚えのある木々が多少残っていて、木立の記憶というのも、かなり地理的な条件として覚えているものだと思った次第である。

打ち合わせも順調に進んだので、早めに失礼して、妻の買い物に付き合うことにする。待ち合わせ場所では、近所で懇意にしていただいているTさんの奥さんと久しぶりに出あった。すこしというか、たくさんというか、かなりだろうと推測されるが、話をしていきたいと妻が言うので、買い物袋を抱えて、先に家に向かう。

家へ向かって、路地へはいると、歯科医のY先生夫婦とばったり会う。弘明寺商店街への買い物だろうか。偶然とは言え、1昨日からの歯痛で昨日Y先生のところへ明日の予約を入れたばかりだったので、ちょっとびっくりだ。

歯痛は、すでに3日目に入っていて、そろそろ感覚がないくらいの痛さになってきている。奥の上顎から頭のほうへ向かって、痛みが登っていく。顔全体が熱を持っていてだるい。もし戦争中にこのような歯痛が出てきたら、どのようなことになるのだろうかと、戦場の兵士の歯痛がなぜか頭を過ぎった。おそらくけがをしたら腕を簡単に切断してしまうように、歯ならばやはり抜いてしまうのではないだろうか。短期的な激痛と、長期的ななだらかな歯痛とどちらのほうを選んだらよいかと問われれば、やはり多くの方々は、長期戦を嫌がるのではないだろうか。

明日は、K大の講義もあるが、まずは歯痛との戦いで、長い一日になることは間違いないだろう。

« 「善意」あるいは「悪意」の集合効果 | トップページ | まーるい余白 »

日常生活の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/48595379

この記事へのトラックバック一覧です: 街を歩いて次々に人と会う:

« 「善意」あるいは「悪意」の集合効果 | トップページ | まーるい余白 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。