« 内部告発者の二重性 | トップページ | 公共の敵 »

2009/12/14

経済学の教科書

13日に、経済学の最長老だったP.サミュエルソンが、亡くなった。90歳を越えていたのだから、大往生だと思う。

サミュエルソンに出会ったのは、高校時代だった。高校の政治経済授業で、国民所得決定という、1国全体が簡単な図式で説明できてしまうという、そのシンプルさに感激した。

社会科のY先生が、英語版を片手に、講義を行っていって、明解さにびっくりしたのだった。それで、友人と近くの渋谷紀伊国屋へ放課後行き、現物を確かめたのを覚えている。受験参考書を買うお金をこちらへ回して、まだ翻訳のなかった英語版を購入した。

大学に入った頃は、公共経済学が流行っていて、やはりサミュエルソンの公共財論文を大学ゼミでみんなで読んだ。そこでも、簡潔な記述に魅せられた。友人がマルクスを読んでいて、こちらも読みかじったが、圧倒的にサミュエルソンのほうがわかりやすかった。

どちらのほうが説得的であったのかはわからない。というのは、自主ゼミでは、圧倒的にマルクスが選ばれたが、公式のゼミでは、圧倒的にサミュエルソンの論文が選ばれた。レベルの異なる、おかしな比較と思うかもしれないが、次週に読む論文が片方のゼミでは、マルクスで、もう片方のゼミでは、サミュエルソンだった、という時節もあったのだ。大学時代のゼミは、ほんとうに奇妙な趣味に支配されていたのだと、今になると思う。

|

« 内部告発者の二重性 | トップページ | 公共の敵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済学の教科書:

« 内部告発者の二重性 | トップページ | 公共の敵 »