« 虚無とカムイ | トップページ | 東京駅近くでの同窓会 »

2009/10/28

電子ブックのめざすところ

Kindle 電子ブックが何をめざしているのか。まだ、予断は許さないのだが、なんとなくわかってきたことが、いくつかある。

ひとつは、これまでのイノヴェーションすべてがそうであったように、ブックと名がついているが、これは書籍とはほぼ異なるものとして発達を遂げるだろう、ということだ。紙の書籍には、それなりの利点があるし、わたしたちの習慣がそう簡単に変わるわけではないだろう。

ふたつには、新しい機能として発展するのは、どのような点か、といえば、やはり今回のアマゾンの「Kindle」は良いところをついていると思われる。即時性である。あの薄さで、しかもインターネットへの無線通信料が無料なのだ。野外でも家を離れても、どこででも繋がり、メールができるのだ。残念ながら、現在は英語だけだが、日本語もそのうちできるようになるだろう。ニュースだけでなく、書籍購入の即時性も魅力だ。論文を書いていて、すぐに近刊書籍を購入できる。やはり専門用語の英語が気になるときがあるのだ。書籍代がいくらあっても足りない。

Managing じつは、この即時性は、ちょっと脅威である。いま、ちょうど放送大学のテキストを書いているのだが、書いてすぐ出版されていくようになったら、放送大学の教員はいつ眠ったらよいのだろうか。これまでにない出版革命が起こることは間違いないだろう。新聞業界はほんとうに脅威だと思われる。

みっつには、やはり検索機能だろう。日本の青空文庫や欧米のグーテンベルク・プロジェクトが出てきたときは、パソコン上でのことだった。けれども、今度は書籍のなかに検索機能がついているような感覚だ。付箋をつけて読む人にとっても、この検索機能は便利だ。

わたしもさっそく、古典をたくさん入れ込んだ。リヴァイアサンや国富論、一般理論や人口論、さらにチェスタートンやピーターパンなどをパソコンから、キンドルへ移した。まだ、ちょっと個人的な技術が必要だが、日本語版が出てくるころには、もっと使い勝手のよいものになってくるだろう。ということは、やはりグーテンベルクのときと同じように、古典が復活することに十分貢献できるだろう。

検索という言葉じたいが、英語では再発見する、思い出すという言葉であることからも、個人アーカイブとして発達することは間違いないだろう。卒論や修士論文を放送大学で書きたいと思っている人は、通勤電車の中で、ちょっと読むのに適している。読みたい論文を英文テキストにして、入れておくだけで、論文完成まで失くす心配がない。もちろん、自分の書いた論文の収納庫としては、申し分ないだろう。いつでも、自分の書いたものを手元に置いておくことができる。

以上は、なんだ、パソコンと同じじゃないか、という方もいるかもしれないが、やはりこの薄さが重要だと思う。昼寝をしていて、眠りながらも持つことができるメリットは感覚の問題だと思われる。おそらく、この感触はもっと進化すると思われる。ポータブルという価値に関しては、現代人はずいぶんと知ってしまって、すこし幼児回帰のような病的な気がしないではないが、手放すことができなくなってきていると思われる。

当分、日本語については画像で我慢することになるから、たいへん不便だ。古典を読む必要のない人にとっては、わざわざ英語版のキンドルを購入することはないだろう。日本で普及するのは、やはり日本語版が出てからになると思われる。

« 虚無とカムイ | トップページ | 東京駅近くでの同窓会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/46623168

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ブックのめざすところ:

« 虚無とカムイ | トップページ | 東京駅近くでの同窓会 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。