« 雨のなかの試験 | トップページ | 耳鳴りと精神病 »

2009/07/28

S氏の急逝

試験期間中ではあるが、幕張で臨時の委員会があるというので、出席。一緒になったH先生と、夏のスタミナを付けるために、久しぶりにステーキ・ランチを食べに行く。火曜日はいつもいくホイトウの中華料理店がお休みなので、別のところを探さなければならないのだ。

以前は、ランチでも、たしか160グラムくらいの1枚肉のステーキがあったように思うが、現在は小さくきったサーロイン肉のランチになっている。けれども、相変わらず、スープに山盛りサラダ、味付けご飯。デザートには、各種フルーツにヨーグルトなど。そして、お目当ての中心である生クリームたっぷりの、自分で焼くワッフルがあり、ほんとうに盛り沢山の状態は、依然と一緒だ。

カロリーを消費するためにすこし運動してかえらないと、ベルトがかなりきつくなっている。カンファレンス室へ戻って、Aさんが淹れてくださったマンデリンを飲む。苦い中にも、甘みがあって、すっきりとした味わいだ。満腹の状態でも、これを飲めば、消化が進むような気がする。

T先生とN先生が試験のためにいらっしゃっていて、自然に健康の話になった。T先生からは、コレステロールを減らす方法を伺う。一日一錠、必ず飲んでいるとおっしゃる特効薬を教えていただく。

予防の段階ならばまだよいほうだ、と考えねばならない。世の中は、こんな平穏な状態ばかりではない。

研究室へ戻ってみると、N社からメールが届いていた。つい先日インタヴューに応じてくださったS氏が急逝なさったとの知らせだった。原因はまだわからないが、インタヴュー前日にも倒れたとおっしゃっていて、今から考えると、身体がそうとうキツイ状態だったのだ。無理を押してだったが、数分のインタヴューは最後までやり遂げてくださった。インタヴューとは別に、もうちょっと何か言いたかった、かのような表情をなさったと思えた瞬間があって、今も印象に残っている。心からご冥福をお祈りいたしたい。

« 雨のなかの試験 | トップページ | 耳鳴りと精神病 »

日常生活の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/45812674

この記事へのトラックバック一覧です: S氏の急逝:

« 雨のなかの試験 | トップページ | 耳鳴りと精神病 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。