« 一日の使い分け | トップページ | 線という活動 »

2009/05/15

ジグソーパズルか、ブリコラージュか

何年かぶりに、飯田橋へ出る。学生時代には、神楽坂などに繰り出すこともあったのだが、このところはすっかり横浜と千葉とを行ったり来たりしていて、東京のなかでも、ちょっと足が遠のく場所が増えている。

Sn3b0090_2 やはり、ギンレイ・ホールにどのような映画がかかっているのか、ウィンドウを覗きたくなるのは、飯田橋へ来たら昔も今も同じだ。きょうはお堀端の道まで、行列が続いていた。それも、学生ではなく、サラリーマン・ウーマンが見事に20人ぐらい、開館を待っている。「おくりびと」が目当てらしい。

ちょうど、会社がひける夕方6時だったので、これから映画というのは、健全な生活だと思われる。仕事場の近くに、名画座のあることが働くことの必須条件だと、わたしは思う。その点では、わたしの場合、幕張のシネプレックスの存在は大きい。

さてきょうは、かつて放送大学の学習センター所属で、当時は「若手」だったOBの先生方との会食を、後楽園涵徳亭で行なった。最高齢は工学のO先生で、74歳になるというのに、いまでもテレビ出演があり、元気そうだった。最年少は、今年放送大学に英国から赴任してきた30歳代のI先生だから、この年の差分だけ、放送大学でも「若手」層の積み上げが進んだことになる。

昔話を確かめたり、外にいる方には放送大学がどのように見えるのかなどを伺ったりして、まわりに居る方々との話をするだけで、時間が過ぎてしまった。話を聞いていて、やはり感じ方が違うな、と思ったのは、「生涯学習」という点だ。

多くのOBの先生方は、国立大学や私立大学へ転勤して行ったのだが、そこで教えている学生は、やはり若い人が中心で、教え方が違っている。あまり強調すると、それほど「一般大学教育」と「生涯学習」とは違わない、と言われてしまいそうだが。

簡単に言ってしまうために、G.バウマンの秀逸な比喩をお借りするならば、そこには「ジグソーパズル」と「ブリコラージュ」の違いが存在するのではなかろうか。現代の大学教育では、世の中の多様な分化現象にあわせて、どんどん専門化が進み、それぞれの専門領域の共通性を探ることがさらに難しくなってきていることは、共通認識としてある。

問題は、それぞれバラバラになった専門領域を、どのように大学教育・生涯学習のなかで統合していくのか、ということだ。ひとつは、複雑な組み合わせをひとつひとつ合わせていって、あたかもジグソーパズルのように、繋ぎ合わせて統合されていくことが求められている。おそらく、ジグソーパズルのように、最後の完成形がはっきりしているときには、このようにして専門を組み合わせるだけで、問題は解決するのかもしれない。

けれども、現実はそれほど甘くはない。最終の完成形などというものは、実際にはイメージすらも、通常は存在しないのだ。そこで、多少無駄だとは思っても、どうしても「外見上はあまり結びつかないさまざまな要素の寄せ集め」をとりあえずは行ってみて、ブリコラージュの変形を続けることになるのだ。

生涯学習の場合には、独断や偏見が忍び込む危険性は伴うが、最終到達地点は不確実なのだから、その模索を同時に行なう必要があり、この点で、一般のカリキュラムがある程度固定できる「大学教育」とは異なってくるのではないだろうか、などなど、久しぶりに懐かしい声に囲まれて、昔行なった青い議論を再び思いだしてしまった。

« 一日の使い分け | トップページ | 線という活動 »

学問の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/45028519

この記事へのトラックバック一覧です: ジグソーパズルか、ブリコラージュか:

« 一日の使い分け | トップページ | 線という活動 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。