« 取り込むことと放り出すこと | トップページ | コーヒーの卓越 »

2009/05/28

農業製品の輸入

午後から、平凡社から『コーヒーハンター』を出版したK氏を訪ねる。インタビューの打ち合わせで、時間を取っていただいたのだ。

印象的だったのは、コーヒー豆は農産物であるという、いわば当たり前のことだった。日本では、栽培が難しいので、ほぼ100%は輸入しているのが、現状だ。そこで、「おいしい」という消費者の立場だけからしか、コーヒーが語られる事がないのはバランスを失している、という主張には強いものがあった。

けれども、このことを日本人として言うことができるのは、本当にコーヒーのことを知っている限られた人たちだろう。K氏は20代のときから、中米のコーヒー研究所に入って、栽培技術を学び、さらに、ジャマイカ、ハワイ、スマトラのコーヒー農園を手がける、という経験の持ち主で、わたしたち日本人の枠組みをはるかに超えている。

だから、よく知っていて、取り引きにも通じているといえるだろう。つまり、生産者と消費者との間の「情報の非対称性」がもっとも典型的に現れているのが、コーヒー取引だということだろう。

話していて、ゆとりある態度が素晴らしかった。コーヒー農園で一日労働して、夕方日が沈んでいく山間地を望む姿が二重写しになった。雑談のなかで、デネーセンの『アフリカの日々』が話題になった。北欧の貴族がアフリカの農園経営を行う話だったが、最後は失敗に終わっても、ヨーロッパとアフリカを結ぶ人とコーヒーとの関係を描いている点で、コーヒー文化モデルの一つとして、今でも訴えるものがある。

Photo_2毎日飲んでいるコーヒーが、このような人びとによって栽培されていると考えるだけで、すこし味の内容が濃くなる思いだった。ここでいただいたコーヒーは、グアテマラのサン・セバスティアン農園のもので、上品でフルーティという言葉が合っている1杯だった。カップ&ソーサーは、ブラジルのサントスにある商工会議所で購入したものだそうだ。

|

« 取り込むことと放り出すこと | トップページ | コーヒーの卓越 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農業製品の輸入:

« 取り込むことと放り出すこと | トップページ | コーヒーの卓越 »