« もう一枚の絵画 | トップページ | 新しい1歩を踏み出すとき »

2009/04/29

他者性に対処する方法

これまで、嗜好品消費について、珈琲と葡萄酒を取り上げてきた。もしこれらの珈琲、葡萄酒に次いで、嗜好品文化として何を取り上げるか、と問われるならば、やはり今流行の「スィーツ」だろう。甘さというのは、疲れをとるばかりか、気分を落ち着かせる。珈琲や、葡萄酒にない、嗜好性がある。

ということで、まずは手始めに社会的な観点から。昨年漫画からテレビアニメになって評判をとった「アンティーク(西洋骨董洋菓子店)」が、実写版の韓国映画として劇場公開されたので、観にいく。予想通り、席は若い女性でいっぱいなので、前のほうの席をとって、小さくなって観てきた。

漫画とアニメは見ていないので、何ともいえないが、少なくともこの映画に関して言うならば、ストーリーについては、よく練られた筋が次から次へ展開し、小気味良いテンポが続いて、映画は進んでいく。とくに、主人公がひとりでいろいろな想像をするところで、複数の自画像を飛び飛びに多用する場面があって、基本的な描き方ではあるが、たいへん映画的な効果を挙げていたような気がする。

出だしが良いと思う。ふたりの主人公が出会うシーンだ。高校時代に、女の子から振られて、ケーキを置き土産に受け取る。そこへ準主人公から男性同士の愛を告白され、ケーキ投げが行なわれる。やはり、スィーツの極地は、パイ投げだ。ケーキを媒介とした集団的人間関係が生ずる瞬間として、申し分ない設定だ。ここからスタートするのは、悪くない。

映画のなかで次から次へ、人間関係が展開される。たとえば、オーナーとシェフ関係、シェフと弟子関係、オーナーの家族関係、店と客の関係など、すべてケーキを媒介として展開していく。ケーキは言語なのだ。

このような日常物を媒介とする漫画は、ワインの「神の雫」をはじめとして、古典的にはわたしの学生時代に流行った「味平」など、数多く成功例を挙げることができよう。だから、これらの二番煎じだったら、これほど面白くはないだろう。特色は、オーナーの心理分析にあるのではないかと思われる。

もちろん、推理小説仕立てで展開されるところはたいへん面白い。少年時代に誘拐にあったトラウマを伏線にしたドラマとしては、たいへん秀逸な設定であることは間違いないが、もうひとつケーキ特有の心理を描写していることでたいへん深い筋立てを追加できているように思えた。

「他者」をいかに取り込むのか、ということがケーキ屋の使命だ。ところが、このオーナーがケーキ屋を開いた動機は、通常と違っている。どこが違うのかは、ここではあまり関係ないので、漫画か映画を見ていただくとして、肝心なのはケーキを食べるとこのオーナーは嘔吐するという設定であり、ここがこの映画でいちばん重要なところなのである。

文化人類学者C.レヴィ=ストロースによると、他人の示す他者性に対処する方法には二つあるそうだ。ひとつは、嘔吐的方法で、異物を体内から排除する方法である。もう一つは、食人的方法で、異物を非異物化するために食べて消化し、一体化してしまう方法である。

主人公のオーナーは、ケーキに対して、シェフに対して、さらに過去のトラウマに対して、嘔吐的方法から食人的方法へ経緯させることで、ドラマを進行させている。この機軸がはっきりしていることで、このストーリーは明快なものになっていると思った。映画がこんなに成功しているならば、原作もきっと素晴らしいのだと思われる。

新型インフルエンザの報道が激しくなってきている。インフルエンザの歴史はまさに、嘔吐的方法から食人的方法へ、という繰り返しを行なってきたといえる。現在は、水際作戦を展開して、排除し隔離しようとしているが、いずれは多くの人の体内に侵入する段階が来ることは明らかだ。スペイン風邪の時には人口の3分の1の人のなかに入ってきた。そうなったら、ウィルスも食べて消化するほかないだろう。

« もう一枚の絵画 | トップページ | 新しい1歩を踏み出すとき »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/44847626

この記事へのトラックバック一覧です: 他者性に対処する方法:

« もう一枚の絵画 | トップページ | 新しい1歩を踏み出すとき »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。