« 話を引き出すときに必要なもの | トップページ | 視覚世界の転換 »

2009/04/06

山桜の白さ

Sakura3ちょうど弘明寺公園の桜が満開で、昼間なのに花見客がたくさん来ていたのには驚いた。家族の話を聞くと、弘明寺駅のホームも花見客で一杯で、溢れんばかりだったそうだ。弘明寺の魅力は、初詣と花見さらに巡礼など、季節ごとに日常生活に関連することが盛りだくさんあって、それが人気となっているのだろう。

Sakura4電車から見る大岡川沿いの桜並木道も、今が一番の見ごろだ。桜の見ごろというのをいつにするのかということで、その人の価値観がわかる。たとえば、平均値からすれば、ソメイヨシノがすべての花を埋め尽くして、それが一辺倒になってしまう1時期がある。これが見ごろだという人もいる。

Sakura けれども、桜にも種類がたくさんあって、それらの多様な配合がすべて調和されたときが見ごろだという人もいる。わたしは後者である。隣の丘に植わっている桜がすこしずつず090406_150201れながら、花を付けていくのを見るのが好きだ。

とくに、白い山桜は、清々しい。この清々しさが加わらなければ、ピンクから弩ピンクへ一気に行ってしまい、経験の幅もぐっと狭まってきてしまうのだ。それでも、決して悪いわけではないのだが、白があるとより一層、青空に一番映えるような気がする。

桜の思い出は、小さなときから継続していて、とくに自分だけの視野に入ってくるのではなく、周りのすべての人と経験を共有しているところが素敵だ。

Sakura2_3 桜の寿命が100年くらいだ、ということも、個人の来歴にちょうど一つの尺度を提供しているように思われる。こんなに盛んに咲いているのは、なにか普遍的な現象であるように思えてしまうところがあるのだが、じっさいにはこの並木道の桜も、もし植え替えられなければ、数十年で死に絶えることになる。だから、いま見ごろの桜というのは、この数年間の最盛期を一生懸命咲き誇っているに過ぎないのだ、と考えれば、やはり桜というのは、人間の儚さを表現している花だな、と改めて思ってしまう。

« 話を引き出すときに必要なもの | トップページ | 視覚世界の転換 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/44628500

この記事へのトラックバック一覧です: 山桜の白さ:

« 話を引き出すときに必要なもの | トップページ | 視覚世界の転換 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。