« 別れの季節 | トップページ | 話を引き出すときに必要なもの »

2009/03/30

空から旅して歩く

大学の委員会に出席するために、幕張へ。この委員会では、重要でほんとうに話し合うべきことがあったのだが、この時期だからというので、来年度へ持ち越しとなった。それで、20分で終了した。

遠路はるばる来たのだが、拍子抜けだった。本来ならば、会議が短くて喜ぶべきところだが、こんなに短いのも、逆に仕事をしたという満足の気分にはならないから、不思議だ。

隣の席には、先日お昼を一緒に食べて、面白い話をしてくださった、中世の歴史を専攻なさっているG先生が座っていらっしゃった。これをどうぞ、といただいたのは、発刊されたばかりの岩波新書『日本の中世を歩く』だった。ちょうど新聞広告でみて購入しようとしていたところだったので、たいへん有り難かった。

これだけで、委員会に出た甲斐があった。帰りの電車内と、コンサートまでの待ち合わせの時間に読むことができた。最初のところが、素敵だ。わたしのような美味と、快感を楽しむことだけの旅を諌めている。『梁塵秘抄』に謡われた次の一節が興味深く、この本全体を表している。

  熊野へ参らむと思へども 徒歩より参れば道遠し 勝れて山峻し
  馬にて参れば苦行ならず 空より参らむ 羽たべ若王子

熊野詣に徒歩で行くには辛い、かといって、馬に乗ったら苦行にならない。そこで、空から行くからその羽をください、若王子。という意味だそうだ。旅をするのに、つぶさに体験するのは返って、意味がない。また、早く通り過ぎるのも考えものだ。結局、超越することが重要だ、ということだろうか。

G先生の旅は、時空を自在に飛び回って、ポイントを余すところなく伝えている。たとえば、旅をして足利へ行く、足利学校がどうしてこの地に建てられたのか、と自問する。その問いから、足利学校の前身を探求し、当時の日本の「大学」の成り立ちを解いていく。

つまり、歩いて、地面の表面をなぞるだけでもないし、馬に乗って、歴史をすっとばすわけでもない。空から、横の広がりを見たり、深く時間軸に沿って、探査していくことが、真の旅だと言っているようだ。

この本を持って、同じところを旅して歩きたくなる一冊だ。旅は美味と温泉だけじゃない、といっている割には、各地で美味しいものと美酒を食しているらしい。自分のことを振り返ってみると、放送大学の取材でも、このような旅ができれば理想的だし、ほんとうに言うことはないのだが・・・と先達の方法を見て反省すること多かった。

« 別れの季節 | トップページ | 話を引き出すときに必要なもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/44528601

この記事へのトラックバック一覧です: 空から旅して歩く:

« 別れの季節 | トップページ | 話を引き出すときに必要なもの »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。