« 今年度の最終講義 | トップページ | 夜の高速バス »

2009/01/20

岡山出張

昨日はそのまま、岡山出張に出かけた。K大学から新横浜までは、たいへん近い。そのまま新幹線に乗って、3時間半で岡山へ着いてしまう。

日が変わって今日は、午後の面接審査までのあいだ、来年度の講義準備で、いくつかの取材・資料収集を計画していた。けれども、そこへいくまでに、いつものように岡山では、喫茶店のリサーチが欠かせない。

前回6月に訪れたときにも、この岡山ではとても良い喫茶店のネットワークが発達していることがわかったが、もうすこし見て回る必要があると思っていた。

Photo 今回は自家焙煎ということにねらいを定めて、店を回ることにした。岡山では、自家焙煎を看板に掲げる喫茶店がたいへん多い。それは、関東のキイコーヒーや関西のUCCなどの大手の焙煎業者がほとんど進出してきていないからだろうと推測できる。また、岡山の人のコーヒー趣味が、スターバックスやタリーズなどの文化をまだすこししかうけいれていないからだろう。(それでも、駅を中心にして少なからず進出してきている。)

まず、岩田町の「後藤珈琲」を訪れた。輸入生豆用の麻袋が見えて、豆専門店の様子がわかった。客こそ少ないけれども、もっと人のくるところに店を開くならば、関東圏の「珈琲問屋」のような店になる可能性があると思われる。もしかしたら、こちらのほうが歴史は古いのかもしれないが。それから、柳川の「下山珈琲」も豆専門店だ。

Photo_11 ゆったりした流れの旭川の手前にある、前回も入った「コーヒー亭」で、魅惑珈琲(たぶん、コロンビア系)とトーストをいただき、ようやく朝食にありついた。ここまで、宿舎から早足で30分くらいかかっており、朝の散歩としてはちょうど良いくらいだ。このころには、観光客たちも後楽園方面を目指して、喫茶店前を通り過ぎていくのが見える。

Photo_4わたしの座っていた席がちょうどテラスのようになっていて、ガラス窓に観光地図が張ってあったため、若い観光客が地図を見ながら、こちらをのぞきこんで来て、もう休んでいるのか、という顔をこちらに向け、コケティッシュな笑いを見せていた。

散歩コースのついでに、前回も寄った「夢二郷土美術館」に入る。ここで今日の絵一枚として、「林檎」をあげたい。美人画の系統にある、夢二の一連の作品のひとつなのだが、林檎を描きいれることで、大正期の澄ましたモダン気分ではなく、あったかな生活を感じさせる作品になっている。そこが、他の美人画と異なっていて好ましい。

商業主義的に量産するなかで、筆が荒れるくらい、描いているなかでも、全体のバランスがたいへん良い。

おそらく、林檎畑で、編んだかごを片手にした、このような服装の女性がいることはまずないだろう。これは虚構であることが一目瞭然であるのだが、それでもいかにも現実にありそうだと思わせる構図をとっており、いつの間にか、隣に来て林檎を勧めてくれそうな女性が描かれている。

この絵は、都市化が進んで、日本の農家にある、儚いものが失われつつある日本で、そこに立つ女性の在り様を、あらわしている。なぜこれほど、夢二が大衆の支持を受けたのかといえば、大正時代に入って、絵というものが一般庶民の中に浸透し始め、日本人、とりわけ変わりいく女性の心を掴んだからに相違ないものと思われる。

Photo_5そのことは、働き始めた婦人層を描いた「婦人グラフ」の表紙絵にも言えることだろう。断髪のモダンガールにも、繊細な日本人的な特質が残っていることを、うまく描いていると思う。このことが、女性層の共感を呼んだ理由だと思われる。

Photo_6後楽園を迂回して、観光客のコースからはずれ、岡山城も横をすり抜け、月見橋の欄干から、近代と中世の織り成す、余裕在る風景を楽しみつつ、県立図書館へ入る。

相変わらず、この図書館は混んでいる。けれども、ほとんど開架式で、統計も大型図説も表に出ているので、行列をして並ぶという、他の図書館では恒例の景色は、ここでは見られない。

Photo昼食は、近くのパスタ屋さんを目指したが、12時からだとなっていて、以前もそうだったのだが、またもや、Aへ入ることになる。豆のスープとサラダ、ツナトマトのスパゲッティ、そしてデザートのアイスクリーム。美味しかった。

Photo_2 岡山大学へ行く間に、喫茶店に入ろうと考えていた。この近くにも、「街」とか、「小野珈琲」とか入ってみたいような喫茶店がたくさんあるが、やはり半年前に閉Photo_4店してしまった「カフェ・カーネス」の系統を継いでいるらしい 「Favonius」で、自家焙煎の珈琲を飲んでみたかった。けれども、残念ながら、定休日に当たっていた。

それで、結局は前回と同じパターンになってしまったが、珍しい珈琲に出会えたから、紆余曲折も、OKということにしよう。

Photo_5喫茶店「エスプリ」は、ちょっと間違えば、キッチュになりかねないが、グリーンの寂びを前面に出した店構えだ。店内がすべて喫煙という、今では珍しくなってしまったつくりになっている。ケーキが美味しいので、たばこを吸う女性客によく利用されている。

Photo_9  この店の豆は、珈琲輸入商社として有名な「ワタル」から豆を仕入れているらしい。学生時代に横浜へ出てきて、珈琲がほんとうに美味しかった。そのときの卸業者がたぶんこの「ワタル」だったと思われる。いずれ、輸入の現場を取材したいと考えていた。このようなところで、商社から店への流通についての情報が得られるのはありがたい。

Photo_10 なぜか、今日は歩いても歩いても、もっと歩きたい気分だ。結局、駅からスタジアムのある公園を通って、岡山大学へ入る。途中、腹が痛くなるが、ちょっと歩きすぎたせいなのかもしれない。

これで、出張の第一目的である面接審査にようやく到達した。岡山大学のH先生に、Sさんの卒業研究を1年間見ていただいたのだ。Sさんは大病を患ったにもかかわらず、論文を最後まで成し遂げた。放送大学の学生は、日々、仕事を持ちながら勉強するだけではなく、病気や事故などとも闘いながら、論文を書いているのだ。すこしぐらい、体調が悪くても、審査に来るだけの理由がある。

終了後、H先生が珈琲をご馳走してくださるというのでついていくと、街一番のホテルでポット・コーヒーを振舞ってくださった。これだけ飲んだので、帰りの新幹線では、さすがにコーヒーを飲まなかった。お土産は黍団子と大手まんじゅうだった。

« 今年度の最終講義 | トップページ | 夜の高速バス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/43805430

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山出張:

« 今年度の最終講義 | トップページ | 夜の高速バス »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。