« 甲府での講義 | トップページ | 思いがけないこと »

2008/12/27

夢のなかのワイン

よく夢にまで出てくるようになれば、本物だといわれるが、わたしの身体全体がワインを欲しているらしい。ついには、眠ってからの世界に登場してきたのだ。

それはたしかに「ぶどうの丘」のワインセラーで、味わったものだった。銘柄はどういうわけかラベルからすると、次の4つだった。「香り甲州2007辛口(大泉葡萄酒)」「フォーシーズンズ(山梨ワイン)」 「甲州辛口(五味葡萄酒)」「グリド甲州06(中央葡萄酒)白やや辛口」。そして、カウンターに陣取って、ワイングラスを傾けているのだ。

飲んでいるうちに眠り込んで、夢かうつつかわからなくなるのだった。ふっと目が覚めると、まだ机の上には仕事が残っていて、現実に引き戻された。まだまだ、年末まで酔っている暇はない。

とは言いつつ、最後に飲んできた「酒折」と「ソレイユ」ワインが気になったので、インターネットで調べてみると、学習センターのある弘明寺のK酒店でも、後者が販売されていることがわかる。

早速、仕事の帰りに商店街のちょうど中ほどにある店によると、夢に出来てきたワインが棚に並んでいる。正夢だったのだ。そして、蔵元ではすでに完売となっている「ソレイユ甲州辛口」が店頭に山積みとなっている。

燈台下暗しとは、よく言ったものである。このような形で、全国に山梨ワインのネットワークが築かれていたのだ。それがなぜ、一般には広まらないのか、ということはたいへん面白い題材であり、課題でもあると思われた。

甲府でもうひとつ、気になっていたことがある。それは、ちょうど同じ期間に講義を担当なさっていたO先生が、このたび岡山の大学へ移転なさったのだが、岡山にある美味しい珈琲店の名前を聞かれ、忘れてしまっていて答えられなかったことだ。

これもインターネットで調べてみると、旭川端の「カフェ・カーネス」であることがわかったが、残念ながらわたしが訪れた後、3ヵ月後に閉店となってしまったらしい。惜しむ声があちこちに載っていた。

1月の後半には、岡山出張があったので、この店へ寄るのを楽しみにしていたので、たいへん残念だ。老舗の良いところは、後継者をしっかりと確保する努力を行っているところだが、やはりそのことに失敗してしまったのだろうか。ほかの店員とか、親戚とかに受け継ぐ人はいなかったのだろうか。

|

« 甲府での講義 | トップページ | 思いがけないこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢のなかのワイン:

« 甲府での講義 | トップページ | 思いがけないこと »