« 山梨出張 | トップページ | 甲府での講義 »

2008/12/23

ワインと酩酊文化

Photo これまで、消費文化のなかでも、主として「覚醒文化」について注目してきた。それは、やはり経済と関係していたからだ。コーヒーと労働は相性が良い。

けれども、文化というものは当然「社会相対」的なものであるから、「覚醒文化」だけでは、バランスが悪かった。となれば、覚醒文化に対抗するのは、「酩酊文化」である。じつは、ビデオ授業では、これまでにビール文化を取り上げてきた。ビールの流行は、かなり消費文化の本質的な点をついていると思われる。

でも、できればもっと地域に密着して、酩酊文化を取り上げることはできないか、考えていた。毎年、山梨へ来ることになって、そのたびにコーヒーはだいぶ取り上げてきたが、前回からはワイン文化を考えるようになった。

Photo_2 今日、わたしの胃袋は、生まれて以来、最大の疾風怒涛の危機にある。ついに今日の最後には、鼻は利かなくなるし、味もついには見分けられなくなるほど、ワインを飲みまくった。これで身体を悪くしても、本望である。

宿泊しているところには、朝の温泉があったので、よく胃に言い含めて、覚悟して出る。1時間ほど歩いて、醸造所の固まっている地区の下岩崎地区、等々力地区を訪れる。

Photo_3 最初に訪れたメルシャン工場のある、宮崎葡萄酒醸造所あとの資料館などは、本日定休日で残念だった。もう一度訪れる機会を作ることにしよう。さて、今日の目標は、甲州種の辛口白ワインを味わうことにある。

メルシャンのとなりにある「蒼龍葡萄酒」で試飲したのは、以下の銘柄のものだ。けれども、これ以外に、まだ発売して1週間だという、勝沼産シャルドネを使ったものが美味しかった。名前は控えてこなかった。シャルドネの美味しいのは、ヨーロッパから輸入して瓶詰めをここでするメーカーがあるが、それとは違って、国産シャルドネだそうだ。でも、今日は甲州種に限ろうと考えていたので、購入を抑えた。この次、またシャルドネだけを賞味しにくることにしよう。

蒼龍葡萄酒
甲州辛口 720ml・白・辛口 ¥1,067
甲州樽熟成 720ml・白・辛口 ¥1,382
勝沼の甲州 720ml・白・辛口 ¥1,592
SORYU PREMIUM甲州2005 白ワイン (辛口) \2100

あくまで試飲ということなのだが、たっぷりと大きなワイングラスで注いでくれる。1軒目から、とても仕合せな気分になってきた。次に向かったのは、最近、シュール・リー製法(澱の上の純なところをとって特色があるとのことだ。じっさい、すっきりした味わいだ。)の 「アマリージョ」を出して評判になっているダイヤモンド酒造である。ここでは、次のものを飲んだ。女性たちの先客があって、ご主人が丁寧に説明してくださった。新酒を購入。

ダイヤモンド酒造
シャンテ デラ・ドライ 白/辛口 720ml・\1,270
アマリージョ 白/辛口 720ml・\1,585
甲州樽発酵 白/やや辛口 720ml・\2,320 
シャンテY・A Ch 2006 白/辛口 720ml・\2,845 
甲州ヌーヴォー 白/辛口 720ml・\1,270

Photo_4 つぎに入ったのは、山梨ワインである。表の道路からは見えないし、母屋にワイン資料館と、試飲室が作られていて、なんとなく入りにくい感じだった。誰もいないので、戻ろうとすると、住んでいる自宅から奥さんが出てきて、試飲室へ案内してくださった。これは、幸運だった。ここを見逃していたら、ここに来た甲斐が無かったといってもいいくらいなのだ。

Photo_5 地下のワインセラーにも案内してくださって、オーナー制度を敷いていることを知った。畑を契約して、200本くらいから預かってくださるそうだ。こうなってくると、ワインもその時だけの消費物というよりは、むしろ財産であり、長い目で育成していく文化そのものであることがわかる。酩酊文化、奥深し。ここで飲んだのは、以下のものだが、なかでも、「フォーシーズンズ」と 「樽醗酵(白)」 は素晴らしかったので、購入。 

Photo_6 山梨ワイン
勝沼(白)  蔵元価格(税込)720ml 932円
ヤマナシワイン甲州 蔵元価格(税込)720ml 1,397円
四季の詩 2006 蔵元価格 720ml 1,627円
フォーシーズンズ 2007 蔵元価格(税込)720ml 1,852円
樽醗酵(白) 2007 蔵元価格(税込)720ml 2,777円

さて、ここまででも、かなりの量を試飲したことになる。足元もすこしふらふらするが、ここちよい歩きである。昨年、甲府のN酒店で勧められた勝沼醸造にもよることにする。洒落た建物に、高いカウンターが据え付けられていて、気楽なおしゃべりで、専門的な説明をしてくださる係りの方がいて、さかんに「河」のある地域を意識していることを言うのだが、わたしの知識が足りないせいか、葡萄栽培で山と河との違いを理解することができなかった。今後の課題である。ここでは、次のものをいただいた。このなかで、すでに昨日、「古傳樽熟」を宿泊所の食堂で飲ませていただいており、その上級酒に当たる「アルガブランカ ピッパ」を味わう。結局購入したのは、今年出た「アルガーノ 甲州」。最後に飲ませていただいた「イセハラ」は、フランスに輸出していて、現地では1万円の値段がつくそうだ。すでにここでは完売だとのことだ。

話を聴いていて、葡萄酒をめぐる二つのテイスト文化のあることに気付いた。ひとつは、このようなそれぞれの醸造所が独自に製品間で発達させているテイストで、個別にゆるぎない文化を持っている。それと並んで、わたしたちが媒介している(すこしおこがましいが)横に連なるテイストで、個々の醸造所を超えて結ばれるネットワーク文化を形成している。このような二つの文化を同時に持つことのできるワイン地区はかなり限られていて、少なくとも東京や横浜のような広域のところでは、両方を発達させることは不可能だろう。

勝沼醸造
勝沼醸造 本葡萄酒 古傳樽熟 2006年 白  辛口 3,150円
アルガブランカ ピッパ 2004年  白 辛口 (樽醗酵・瓶熟成)
アルガーノ 甲州   AGUA VICOSA PRAZER 2008年 白 やや辛口
勝沼醸造 本葡萄酒 杯中至楽(白)白 辛口
アルガブランカ ヴィニャル イセハラ2007年  白 やや辛口

Photo_7 最後に訪れたのは、きょうの本命と考えていたグレイス・ワインである。ここは、他のところよりバランスよく、赤もまた、シャルドネも美味しいのだ。けれども、今日は甲州種限定、限定。次のものを比べてみた。そのなかで、購入したのは、2008年の出たばかりのものだ。今年のは、強い酸味を残していて、たいへん特徴ある味になっている。これが正式の商品になるころには、また評判を取ることだろう。

中央葡萄酒
グレイス 樽甲州(白)2007年 オーク樽醗酵、貯蔵¥3171 辛口
グレイス 甲州・鳥居平畑(白)2007年 シュール・リー製法 ¥2400辛口
グレイス 甲州・菱山畑(白)2007年シュール・リー製法¥2210 辛口
グレイス 甲州(白)2007年シュール・リー製法 ¥1890 辛口
グレイス 甲州・茅ケ岳(白)2007年 シュール・リー製法¥1690 辛口
グレイス グリド甲州(白)2007年 ステンレスタンク醗酵、貯蔵¥1596 やや辛口      
ヴィンテージ甲州(白)2008年 タンク醗酵 ¥1300 辛口

Photo_8 さて、これで終わりになるのかと思っていたのだが、ワインを飲みすぎて、昼食を取ることを忘れていることに気付いた。宿泊所に帰って、一服すると、すぐに胃は回復して、ここのワイン・カーブのあることを思い出した。1,100円を出して、試飲容器タートヴァンをもらえば、数百種の勝沼ワインを試飲できるのだ。ここでまたたっぷりと、以下のワインをすべて飲み歩いた。

アルガーノ甲州シュールリー(勝沼醸造)白ワイン (やや辛口) \1680
錦城ワイン 白(錦城葡萄酒) 白ワイン (辛口) \1280
セレクト勝沼白(蒼龍葡萄酒) 白ワイン (中口) \1068
勝沼甲州樽熟成06(蒼龍葡萄酒) 白ワイン (辛口) \1593
グリド甲州06(中央葡萄酒) 白ワイン (やや辛口) \1596
自家葡萄園(山梨ワイン) 白ワイン (極甘口) \2057
フォーシーズンズ(山梨ワイン) 白ワイン (やや辛口) \2057
ローレア勝沼 白(山梨ワイン) 白ワイン (辛口) \1037
J・Fミレー「無原罪の聖母」(シャトージュン) 白ワイン (辛口) \1313
エキストラセレクション(シャトージュン) 白ワイン (辛口) \2100
J・Fミレー落ち穂拾い夏(シャトージュン) 白ワイン (やや辛口) \2625
古代甲州2004(大和葡萄酒) 白ワイン (辛口) \1615
麻屋シャルドネ樽熟成2005(麻屋葡萄酒) 白ワイン (辛口) \2100
ホンジョー樽白(岩崎醸造) 白ワイン (辛口) \1575
ホンジョーオールド甲州(岩崎醸造) 白ワイン (辛口) \1260
香り甲州2007辛口(大泉葡萄酒) 白ワイン (辛口) \1680
勝沼醸造 古傳樽熟06(勝沼醸造) 白ワイン (辛口) \3150
勝沼醸造 稀種甲州(勝沼醸造) 白ワイン (やや辛口) \1890
勝沼醸造 杯中至楽 白(勝沼醸造) 白ワイン (辛口) \1365
ブロケード勝沼甲州(錦城葡萄酒) 白ワイン (辛口) \1575
SORYU PREMIUM甲州2005(蒼龍葡萄酒) 白ワイン (辛口) \2100
ザ・甲州(ダイヤモンド酒造) 白ワイン (やや辛口) \1795
シャンテ甲州(ダイヤモンド酒造) 白ワイン (辛口) \1070
Y・Aアマリージョ2007(ダイヤモンド酒造) 白ワイン (辛口) \1585
ハラモワイン甲州種(原茂ワイン) 白ワイン (辛口) \1270
等々力甲州2003(大和葡萄酒) 白ワイン (辛口) \1930
甲州(イケダワイナリー) 白ワイン (やや辛口) \1575
樽熟甲州(イケダワイナリー) 白ワイン (やや辛口) \1575
セレクト 白(イケダワイナリー) 白ワイン (やや辛口) \2100
06鳥居平甲州シュールリー(シャトレーゼ)白ワイン (辛口) \1890
甲州 辛口(五味葡萄酒) 白ワイン (辛口) \1322
かざま甲州辛口ヴィンテージ(甲斐ワイナリー) 白ワイン (辛口) \2500
2007年甲州 百(マルサン葡萄酒)白ワイン (やや辛口) \1260
ルバイヤート甲州シュールリー07(丸藤葡萄酒) 白ワイン (辛口) \1660

Photo_9 これだけ飲むとさすがに、酔うどころではない。小説「さかしま」の世界にどっぷりである。もういくら飲んでも、耽溺することなく、この地区の味の分布が半分くらいわかるようになった。勝沼の白ワインのテイスト文化は、100年以上かけて造られてきていて、独自性の競争と美味しさの共通性とが奥深さを形成しているといえる。

今日最後のコーヒーは、甲府に戻って、3ヶ月ぶりの「ロッシュ」で、ライト・ロースト。

« 山梨出張 | トップページ | 甲府での講義 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/43510122

この記事へのトラックバック一覧です: ワインと酩酊文化:

« 山梨出張 | トップページ | 甲府での講義 »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。