« 中華街の変貌 | トップページ | 千代田区立図書館の成功 »

2008/02/27

空の青さ、まくはり

080227_100501_3風の強い冬の日には、空がよく晴れる。朝、公園のなかを通って、ビル街へ向かって歩くと、空の青さに身体が溶け込んでいくかのような感覚をおぼえる。

いま流行の言葉使いをするなら、歩くことの現実と、歩くことの想念とにレベルの差がなくなってしまい、フラットな感覚に陥ってしまっている。そのため、ことばを失ってしまうのだ。もっとも、この寒さのせいでもあるが・・・。

このことは、このような都市の公園では、とくに顕著であって、散歩する人も、何かに追い立てられているかのように、早足で歩いていく。健康のために走っている人も、ただひたすら何かを目指しているかのごとくに、走っていく。

それが証拠に、すれ違っても、顔を合わせてにっこりとする余裕もなく、視線も交わさない。さっさと通りすぎることに徹している。

080227_101802 もしかすると、互いに言葉やしぐさを交わしてしまうと、何らかの差異や格差を残してしまい、取り返しがつかなくなるとでも思っているみたいだ。そのことを証明するかのように、こんな素晴らしい青い空なのに、想念の世界も青さに跳んでしまっている。ふたつのレベルは、フラットなまま置かれてしまい、飛翔することはない。

こんなにたくさんの人びとが歩き、走り、そして飛び回っているのに、そして想念も空をぐるぐる回ってうろついているにもかかわらず、なぜか皆、それだけのことしか記憶に止めずに、日常に埋もれて棒立ちのままなのだ。

でも、子どもは恐れを知らなくて、フラットを拒否するのだ。手を振って通りすぎていく。バイバイ、また会おうね。

|

« 中華街の変貌 | トップページ | 千代田区立図書館の成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空の青さ、まくはり:

« 中華街の変貌 | トップページ | 千代田区立図書館の成功 »