« 試験監督 | トップページ | イングマール・ベルイマン »

2007/07/31

試験採点と新聞の読解

昨日、K大の試験採点を行った。

わたしの科目の受験人数は、約300名なので、答案一枚に1000字ほど書かせると、合計30万字。すこし厚めの書籍をまるまる1冊読むのと同じ分量になる。

これを一日で仕上げた。したがって、これらが終わるころには、目がショボショボとしてくるのだ。

ところが、今日は今日で、夏休みに作成予定の論文に使うために、明治期の英字新聞を10年間分目を通すことになった。夕方から、我がホームライブラリー(と勝手に考えているのだが)であるK大図書館の書庫にこもって、夜の9時まで作業を行ったのだ。(興味津々の資料がいくつか見つかったので、そのうちお目にかける機会もあると思う。)

これでまた、目がやられてしまった。図書館の書庫から出てきたとき、危うく貸し出し用の図書をカウンターに預けたまま、出てしまうところであった。心ここにあらず状態になってしまった。危ない、危ない。

明日からはまたしばらく、試験監督が続く。

« 試験監督 | トップページ | イングマール・ベルイマン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/15979552

この記事へのトラックバック一覧です: 試験採点と新聞の読解:

« 試験監督 | トップページ | イングマール・ベルイマン »

『貨幣・勤労・代理人』(経済文明論)

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。