« T・ベスター『築地』について | トップページ | 珍しいお客さん »

2007/07/25

やはりジャズ喫茶に

映画を見るのを我慢して、仕事の反省をしようと、桜木町に出る。

駅を出て、身体をゆすって交差点を渡りきると、思いもかけず、F氏が笑顔で立っていた。子ども連れだったので、一杯どうかとはいえなかった。また来週会うので、それまでお預け。070725_172204

今日のダウンビートの選曲は、最初のうちはよかった。重厚なサックスのトリオや、ピアノトリオが続いて、この店のスピーカを如何なく鳴らしていた。

070725_171801  ところが、途中ジャズバイオリンが入るころから、選曲がえらく変わってしまい、いらいらするような曲が続いた。思わず、いつもより早く席 を立ってしまった。そとはまだまだ明るいままであった。

そんな日もある。

« T・ベスター『築地』について | トップページ | 珍しいお客さん »

日常生活の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/15901078

この記事へのトラックバック一覧です: やはりジャズ喫茶に:

« T・ベスター『築地』について | トップページ | 珍しいお客さん »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。