« 読書ノートの効用・メモの使命 | トップページ | 幕張の快晴 »

2007/06/19

バス路線の廃止

母の入院している病院まで行くには、潮風薫る海岸まで到達しなければならない。ヨットに乗って行くことができれば良いなあ、と思いたくなる立地なのだ。病院ビルの窓からは、じっさいにヨットハーバーが見える。070620_101901

ところがじつに、幸運なことには、大学近くの駅から直通の病院行きバスを見つけたのだ。病院が近いというのは、通ったことのある方はわかると思うが、ほんとうに助かる。

相変わらずのことながら、駅前の珈琲屋で持ち帰りのカップを買って、バスに乗り込む。途中、外国を走っていると見まがう瀟洒な住宅地を通って、離れ小島のような病院に至る。

ところが、今日はほとんど貸切状態の閑散とした客に混じって、バス会社の係員がチェックのノートを持って、乗り込んでいた。ついに来たか、と思った。つまり、あまりに客が少ないので、会社が調べを始めたのだ。

おそらく、二、三日もすれば、廃止すべき路線であることは、すぐわかってしまうことだろう。路線筋を見ても、これ以上乗客が増大するような、需要向上は望めないことは明らかなのだ。運転手もあからさまに、係員にそのことを告げている。

どうも、わたしの見つけるバス路線は、すぐ廃止になってしまう運命にあるようだ。わたしのように、すこし違った生活パターンを持っているものが乗るようなバスには、やはり需要はないのだ。

じっさい、二、三年前には、かなり愛用していた横浜―幕張直通高速バス、というやはり貸切状態のバス路線が簡単に廃止になってしまった。当時、N先生が新しく放送大学に赴任してきて、この路線を頻繁に利用していた。先生が運転手と話していて、どうも駄目そうだと言っていたのを思い出した。

わたしたちにとって、申し分ない路線だったのだ。朝の混んでいる時間にも、予約を取らずに、直通で電車より速く、しかも必ず座れる通勤が保証されていたのだ。

一番楽しんだのは、風景である。わたしは、車を運転しないので、高速道路をゆっくりと観察できる唯一の機会だったのだ。そのおかげで、旧日本鋼管の高炉を近くで眺めることもできた。

それやこれやで、返す返すほんとうに残念なのである。バスの利点は、くもの巣を描くように柔軟に、つまりは縦横に地域を結んでいて、あれっと思うようなところに通っているところにあるのだ。そのくもの糸が一本一本断ち切られていく。

駅がターミナルであると同時に、病院もターミナルである、という発想はたいへん良かったのだが、やはり病院だけの需要では、駅には匹敵できなかったということかもしれない。この病院が海岸ではなく、高校や大学と結びついたところであれば廃止は免れただろうに・・・。

|

« 読書ノートの効用・メモの使命 | トップページ | 幕張の快晴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バス路線の廃止:

« 読書ノートの効用・メモの使命 | トップページ | 幕張の快晴 »