« 文献収集の罠と奇跡 | トップページ | 日曜ブロガー »

2007/05/27

ダンス

The Dancing

土曜の夜 アダムスミス・ホールでは
全てのカップルが ダンスマスターの合図で動きます
今夜に限って 彼らは順調で 心配事もないのです
ただ ダンスするだけ ダンスだけの今夜なのです

    月曜の朝になると あまりに早く来てしまうのです
    リンネル工場の音 織機のビート
    でも今夜だけは バンドがロマンティックな音楽を聞かせてくれるのです
    だから ただダンスするだけ ダンスだけの今夜なのです

彼女のパートナーは完璧で、あまりに軽やかなのです 
ダンスの足裁きはまちがいません
たぶん彼らは 古い教会のそばか ハンター通りで会うでしょう
星の下 家に向かって歩いています

カーコーディの堤防のそばに 遅くなって戻ると
海が大きく 空が高くなって
2人の運命なんて まったく問題じゃなくなります
4分の3拍子で ワルツを踊るだけなのです

Song by June Tabor
Andy Shanks, Jim Russell

*先日紹介したジューン・テイバーの「ダンス」という曲が、
素晴らしい(immense)ので訳してみました。音楽のほうを
伝えられないのは残念ですが・・・。

アダム・スミスが生まれ、『国富論』を書きに戻った町
カーコーディ、ちょっと洒落た街の雰囲気が出ていれ
ば良いな、と思います。

スコットランドの街の「土曜の夜のダンス」というのは、
想像するだけでも、海岸で覚まさないと眠れない雰囲気
を持っていると思います。

残念ながら、明らかな「著作権違反」なので、期間限定で
すね。素敵な曲なのにな。

« 文献収集の罠と奇跡 | トップページ | 日曜ブロガー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/15227101

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス:

« 文献収集の罠と奇跡 | トップページ | 日曜ブロガー »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。