« ダンス | トップページ | 入院とネットワーク »

2007/05/28

日曜ブロガー

ブログの師匠(と勝手に思っているのだが)と仰ぐ、早稲田大学のO先生から葉書が届いた。ときどき登場していただいているばかりか、このたびついに、わたしに対して称号を授けてくださることになった。

「週末に更新されることが多いので、『日曜大工』ならぬ『日曜ブロガー』ですね」というご託宣である。「日曜ブロガー」というのは、このブログの本質を突いていて、なかなか良い呼び名ではないかと思う。今後、「日曜ブロガー」のSです、というのを使わせていただくことにしよう。

もちろん、毀誉褒貶を織り交ぜて表現する方だから、すこし違った解釈をすると喜んでもらえるのではないかと考えた。フランスの画家アンリ・ルソーが勤めているときに「日曜画家」と呼ばれたものだが、せめてそのレベルまで持っていきたいというのはいかがだろうか。「日曜ブロガー」の特性を活かして、目標を高く掲げようと思う。

さて、いただいた絵葉書がオルセー美術館所蔵のW.ハンマースホイ「室内、ストランゲーテ30番地」のカードであった。絵葉書状態で、これほどのものだから、さぞかしほんものは凄いものだっただろうと思う。扉や光が室内から外へ開放的に出て行くのに対して、絵全体は静謐な区分と区画を保持して、渋い統合が描かれているのだ。良い意味で、極めて保守的な絵画である。

オルセー美術館展が開かれているときには、仕事と旅とで放心状態が続いていて、つい見逃してしまったのだが、惜しいことをした。

« ダンス | トップページ | 入院とネットワーク »

日常生活の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/15230267

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜ブロガー:

« ダンス | トップページ | 入院とネットワーク »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。