« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月に作成された投稿

2007/04/30

50歳代半ばの反省

旧友のF氏と久しぶりに会う。かれはスキデルスキーのケインズ伝なども訳していて、共通の話題が多い。

じっくり話そうということで、Y市でも最もゆったりとした時間を過ごすことができて、最もたっぷりとした空間のあるNGホテルの中庭に決めた。

ところが、昔の感覚で入った店が迂闊にも違う店であった。もっともそこで、サービスというのはこういうことを言うのかという待遇に逢う事ができたのであるが。案内の人がすぐに中庭の店の席を予約してくれ、さらにその店が開くまで、そのままの席で待つことを許してくれたのだ。

おかげで、突き抜けた晴天の青空と、白亜の威厳ある建物のちょうど中間に、生成りのパラソルを立てたこじんまりした特等席を、思い描いたとおりに占めることができた。噴水の池と満開の花が、彩りを添えてくれた。

それから、延々と陽がすこし傾くまで、昔話から始まって、将来のことまで、さらに50歳代半ばに至った反省やらをしゃべり続けたのだった。最も面白かったのは、かれの転職の話だった。また、わたしがいまのめり込んでいる「中間論」についても、かれが面白がってくれたことには、感謝するほかない。

50歳代半ばになって反省していることで話題になったひとつは、宗教であった。ふたりとも、宗教についてはあまり真剣に考えてこなかった。F氏が最近マネージした対談で、北大の中島岳志氏が「ヒンドゥー・ナショナリズム」のアジア性について述べていて、それを読むと、オウムと同様、危険性と熱狂性とをいかに考えるか、重要だと思った。ときには、西欧流の政経分離というクールな精神も必要なのかもしれない。

いつも素敵な場所へ行くと、そのような場所を知っているのは女性が多く、そこで談話を楽しむ女性ばかりが目につくのだが、われわれもそのようなレベルについに達して、おしゃべりを楽しむ年代に突入したことを認識したしだいである。

途中、坂道を登って、(H先生からいただいた券で)神奈川近代文学館「中原中也・富永太郎展」を観にいく。ここでまた、この二人の詩人の出会ったのが、1924年であることを知る。1925年には富永太郎は亡くなっている。やはり、1920年代というのは、文化的な事件としては、かなり面白070430_192501いところで成り立っているということを再確認したのは、収穫であった。

最後に、こちらも久しぶりに、野毛のダウンビートへ寄って気持ちを整え、明日からの予定をたてる。

2007/04/29

クイーン

連休の初日は、娘と映画を観に行くことになった。混雑が予想されるので、朝一番の回にして、しかも横浜は避けて、川崎へ出ることにした。

先日行ったラゾーナ川崎ではなく、同じくチネチッタの巨大客層を狙って、駅近くに建てられた「Dice」に入っているシネコン「Tohoシネマ」で、「The Queen」を観る。アカデミー主演女優賞をとったHelen Mirrenは、以前から注目していた女優だ。なんといってもグラナダTV「第一容疑者」での演技が印象に残っている。

「The Queen」のポイントは、二つだと思う。これを言ってしまったからといって、全体の筋を知ってしまうわけでもないし、映画を観る価値が減るわけではないので、ここに書き付けても良いのではないかと思う。

ひとつは、エリザベス二世自身を描いている部分であり、もうひとつはエリザベス二世と周りの世界(とくに、ダイアナ事件)との関係を描いている部分である。どちらを描こうとしているのかの解釈によって、なかで使われているエピソードの解釈がかなり異なる。

たとえば、「鹿」のモチーフが出てくるが、この意味は何だったのだろうか。映画の筋に素直に従えば、女王がマスコミに追い詰められていく自身の姿を、狩で追い詰められた「鹿」という姿に仮託して比喩的にあらわしたのだと言えよう。女王がひとりになったときに、この鹿がふっと現れるのだ。パンフレットでも、鹿は「威厳あるもの」の象徴で、王室のメタファーである、と脚本家に答えさせている。

娘の解釈はちょっと違っていた。「鹿」は、エリザベスでなく、ダイアナではないか、という。理由は、三つある。ひとつには、「鹿」の話はダイアナがパパラッチに追いかけられ、事故死するすぐあとに、狩のエピソードとして出されており、ダイアナとエリザベスとの関係の符牒となっていること。ふたつには、エリザベスは象徴的な鹿が撃たれて小屋に保存されているところに行って、「美しい綺麗な鹿」として見舞っていること。映画のなかで、エリザベスが鹿の首の傷を撫でるシーンがある。死んでしまっているのであれば、王室の象徴としては適さないのでないかと言えるだろう。三つ目の理由としては、この鹿がエリザベスの領地で撃たれたのではなく、逃れていった隣の領地で撃たれたことになっており、まさにダイアナがパリという隣国のフランスで死ぬということに符牒している。さて、この解釈はいかがだろうか。

もうひとつの例を挙げておきたい。エリザベスの涙、というシーンがあった。河で鹿に出会うまえのところである。ここでエリザベスが泣くのであるが、それは自分の追い詰められた苦しさを嘆いたのか、それとも、ひとりになって、役割としてダイアナを非難してきたことから醒めて、個人感情として、ダイアナに涙したのか、というふたつの解釈がありうる。これも、エリザベス中心に描いたのか、それとも、周りの世界を描いたのかによって、解釈が異なってくる例である。

帰りに、銀柳(ぎんりゅう)通りの古い商店街の喫茶店で、生クリームたっぷりのコーヒーを飲んだ。新しい「ラゾーナ」や「ダイス」に負けずに、人の流れが本来の商店街にも及んでいる。川崎の活気の秘密は、このように新旧それぞれの特色を生かした発展にあるのかもしれない。

2007/04/27

ジーン・ティバーについて

先日、J.Taborの映像を見た。25年来、ずっと聴き続けている歌手である。この欄でも、ずっと以前に取り上げたことがある。

ところが、その映像のなかで司会者がジーン・ティバーと発音していた。わたしは、はじめから、ずっとジューン・テイバーと呼んできていた。どちらが原語に近いのだろうか、知っている人がいたらお教えください。

大きな仕事を終わらせるたびに、彼女のCDアルバムを買うことにしていた。今回は、4枚組みの完全版を予定し、楽しみにしていた。ところが、4月になっていざ購入しようとしたら、すでに売り切れだという。2004年に、BBCの「Folk Singer Of The Year」賞を採ったので、そのせいかもしれない

仕方がないので、最新版のアルバム・タイトル「Apples」を買うことにする。第1曲目「The Dancing」からとても好ましい。

メロディもさることながら、歌詞の一行目に「Adam Smith Hall」が盛り込まれており、最後には、アダム・スミスの故郷スコットランドのカーコーディが出て来る。あまりの偶然のできごとでびっくりしている。

きっと、仕事成就のお祝いの声が、届いたに相違ない。カーコーディの駅を降りると、町の博物館があり、そこにアダム・スミスの国富論初版などが飾れていた。繁華街まで、坂を下っていく。この途中に、洒落た建物があったから、今回の歌詞で詠われているダンス・ホールがあっても不思議はない。

アダム・スミスの生家に面して、商店街が長く続いていて、小さな町にもかかわらず賑わっていたのを覚えている。その家の横から海岸まで続いている「アダム・スミスの小路」を辿ったのだが、それは講義ビデオでも使ったような気がする。あれからすでに、10年が経ってしまったとは、到底思えないのが実感である。

2007/04/20

藤の花に誘われて

金曜日は週休日だそうで、4月からは家で仕事をする日と決めていた。ところが、緊急の会議があって、今日はセンターへ出ることになった。070420_160501

帰り道に藤の花が咲いていて、あまりに見事だったので、サラリーマン風の二 人連れが香りを嗅ぎに近くへ寄るほどだった。桜の花びらが舞う中で、次から次に花の咲く季節が来ることを予感させる。

道なりに辿って、上大岡へ久しぶりに出る。4月から、これまで使っていたISDNのテレビ電話が廃止になり、今後はインターネット利用のWEBカンファレンスシステムを使わなければならなくなった。

ところが、元来このシステムは個人対個人用に作られているため、ゼミナールを開くにはスピーカーを取り付けなければならない。そこですこし機材を足して、工夫をしようというのである。目的のものをようやく探し出し購入。

時間があったので、A書店に寄って、書籍を二冊。ひとつは「Reflective Analysis」(邦題:使える現象学)で、原題のほうがずっと良いと思う。もうひとつは「中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて」である。個人批判ということに正当性があるとすれば、それが普遍性にまで達しているときだと思われる。果たして、そうなっているか。じっくり読ませていただこうと思う。

同じ階にある喫茶店へ入ろうとしたら、禁煙席は満席で入れない。ちょっとみると喫煙席はかなり空いている。最近はかなりこの傾向は定着してきているように思われる。社会的趣味というのは、恐ろしいものだ。

喫茶店でコーヒーを飲むのは諦めて、家で美味しいコーヒーを淹れることに方針転換する。

上大岡では、コーヒー豆はキーコーヒーで買うことに決めている。いつも新鮮な豆が売られていて、回転が良いのだ。とくに、ブラジルのローストはうまくできていて、いつ買っても美味しいのだ。

きょうは「トラジャ」と「ブラジル」をそれぞれ100gずつ仕入れて、帰路につく。

2007/04/15

時代は廻る

神奈川学習センターで、毎年恒例の非常勤講師の方々への説明会が行われた。出席された先生がたのなかに、当センターではかなりの有名人であるT先生がいらっしゃった。「しばらくでした」と笑顔で、別の部屋にいたわたしにあいさつされた。

T先生は放送大学の創生期に学生として在籍していた方だ。たしか、Y市役所で、選挙管理の仕事をなさっていたと記憶している。放送大学を卒業し、A先生ゼミの下で修士課程を修了し、さらに東京大学の博士課程を出た方である。当時から、かなりの剛の者として知られていた。

あるとき、T先生が受験生として、放送大学の単位認定試験に出席していて、そのときたまたまかなり若いはじめての学生を監督補助者として採用していたとのことだが、試験場という場所柄をわきまえず私語を始めたらしいのだ。もちろん、かなり小声であったそうだが、試験場では気になるものである。

そのとき、T先生が一喝して、すぐにその場が収まったということがあったそうである。受験生のほうが自覚ができていて、どちらが監督者かわからないというのが、放送大学らしいところである。

さて、このように若い活力がつぎつぎに大学へ注ぎ込まれてくるのは、たいへん良いことだと思われる。とくに、T先生のように、学生の立場のわかっている方が担当なさるのは、神奈川学習センターにとってこの上ない喜びである。

またひとつ、神奈川学習センターの特色が強化されたという思いである。

2007/04/14

TIAについて

Img_1567_2大学院のオリエンテーションも滞りなく順調に終わったので、かねてより気にな っていた川崎LAZONA(ラゾーナ)を見学に出かける。

横浜を3年間離れているうちに、何が変わったかといえば、人の流れが川崎へとなびいたことである。チネチッタ川崎が年間日本最大の集客を記録したりして、以前からその兆候はあった。

Img_1589 今回のラゾーナ川崎プラザは、日本には珍しく「広場」を中心にすえた商業施設である点で、見たいと思っていた。かつて、博多のキャナルシティが出現したときに、水と中庭が評判になったが、日本では土地が限られているために、なかなか本格的な広場を商業施設のなかに作ることは難しかった。

Img_1576けれども、今回のラゾーナは、JR川崎駅から直結しているにもかかわらず、かなり広い広場を二階に設けていて、それは5階まである施設にとって、開放的な空間を提供している。各階のテラスも十分採ってあって、広場の雰囲気は十分果たされている。

070414_172701商業と広場とは、マーケットの原型であり、生まれるべくして生まれた企画だといってよいと思われる。

さて、さらに時間の余裕があったので、ここに入っているシネコンで、デカプリオ主演の「ブラッド・ダイヤモンド」を見る。この映画の主題は、「TIA」というリアリティをいかに描くことが可能か、という点にある。

文明国の消費者が購入した「ダイヤモンド」は、アフリカで大勢の人を殺しているかもしれない。(「  」のなかには、何が入ってもおかしくない)

この映画は、一人のアフリカ人(バンディー)とその家族に焦点を当て、デカプリオ演じる密輸入業者と一緒に、ダイヤモンド探しを行うというストーリーである。この家族のあり様が、この映画のなかで事例としてのリアリティを生んでいる。

けれども、もうひとつのモチーフがジャーナリズムなのだが、こちらのほうのリアリティは省略が多くて、なかなかこちらへ伝わってこなかった。アフリカのことを描いている割には、白人好みの推理小説仕立てであるのが目立った。難をもし言うならば、以上の点になるであろう。

070414_203101ところで、「TIA」とは何かですって、それは映画を見てのお楽しみに残しておくことにしたい。ヒントとしては、この記号はヨーロッパ系白人のなかでも特別な人びとが好んで使いそうな、すこし色のついた言葉だ、と言って置きたい。

映画が終わって、外に出るとすっかり夜になっていた。

2007/04/13

新しい授業番組が始まった

新しい授業番組が始まった。

昨年から、テキストを書き続け、放送番組を撮り続け、合計4科目にかかわった。自分の講義といえるものは、ラジオ科目の『経済社会の考え方』だけであるが、出だしはなかなか良い。

まず、今日は質問が舞い込んできた。始まってすぐの質問が来るくらいテキストを読んでもらえるというのは、著者冥利に尽きる。

「家政」の英語をhouseholdingと書いたら、housekeepingではないか、という質問である。これについては、三つくらいの理由で前者のほうが正しいのだが、いろいろと考えさせるという意味で、たいへん面白い質問である。解答を送っておいたので、じっくりとお考えいただきたいと思う。

放送を使った授業では、質問はもともと低調になりがちなのだ。もっとも、一般の図書出版でも事情は同じではないか。それで、問題作ほど質問が多く来るのではないだろうか。

さて、話を担当する授業科目のうちの他の3科目に戻すと、これらについては、じつは15回(あるいは15章)のうち、1回か2回貢献しているに過ぎない。

このなかで、テレビ科目の『消費者と証券投資』について、主任講師のH先生から今日メールが入って、驚くべきことに受講者が千人をはるかに超えたらしい、とのことである。教室の講義で千人を超えるということは、部屋の定員があるので、あまり考えられない。放送大学ならではの講義ということになった。

講義と同時に、通信問題や単位認定試験問題についても、大規模な人数に対応した問題を考えなければならないことになる。人数が多ければよいというわけではまったくない。兜の緒を引き締めるべきところだと思った。

とにかく、新学期が始まった。明日は、大学院のガイダンスがあり、研究指導もスタートする。

2007/04/11

松本楼での食事会

今晩は、日比谷公園にある松本楼で食事会があった。

以前に、「交詢社」での会食の模様を紹介したことがある。このときと同じメンバーが集まった。やはり、Yd先生がセットして、和風仏蘭西料理の美味しいところが並んだ。

フォアグラのソティーに始まり、金目鯛の西京漬け焼き、牛フィレ肉の照り焼き、和風サラダ、そして抹茶のアイスクリームまで。お話も役者ぞろいで、楽しかった。

楽しい話というのは、あまり覚えていない。片耳から入って、もう一つの耳からすっと抜けていき、あとに清涼感だけが残る。

今回の食事会のひとつの目的のなかに、有り難いことにわたしの博士のお祝いもあった。OBのYg先生が帰りに、すっと寄ってきて、「以前は、大人しいので心配していたよ」とおっしゃる。

だから、博士になって、すこし羽目をはずせ、ということをおっしゃりたかったのだろうか。歯に衣を着せないことで有名な先生だから、もちろん批判的に励ましてくださったのだと思われる。肝に銘じておきます。

時間が早かったので、評判の「椿屋珈琲店 日比谷離れ」によって、見学がてら味を楽しんでお開きとなった。高級珈琲店ということで、おじさんたちがたむろしているのかと思えば、さにあらず、夜はすっかり女性のものになっているのだ。とくに、都心の日比谷では、なおさらそうなのである。

2007/04/09

K大学の講義開始

今日から、K大学の講義が始まった。

教室へ行くと、席はぎっしりで、前の席までいっぱいに学生たちが座っている。教室の後ろには、立ち見がでている。

ここ数年、このような状態が続いており、もうすこし大きな教室を都合していただいていた。ところが、今年度からは、学生の数を制限することになったそうである。

当分は、学生で一杯になるが、登録が済めば、許容量以上にはならないから、もうすこしの間我慢して欲しい、という係の方の説明だった。なるほど、そうゆうことだったのか。釈然としないが、学生諸君、少しの間この混雑を乗りきってください。

講師控え室へ行くと、昨年でもう講師は引き受けないとおっしゃっていた、名古屋大学のH先生が、今日だけ、とのことでいらっしゃっていた。

お話を伺っていると、かの大学では非常勤講師はすべて止めてしまって、名誉教授を有効にお願いしているとのこと。無償奉仕で、講義を受け持ってもらっているそうだ。それは、双方納得すれば、かなり「合理的な」方法ですね、と話した。

今、日本中の大学で、カリキュラムの見直しが進んでいて、講義科目数を減らす方向で、整理が行われているらしい。けれども、どうしても削れないところがあり、それに名誉教授を当てているという話である。結構、名誉教授の先生方も喜んでいるとのことであるが、お歳のことを考えるとたいへんだな、と心から同情申し上げる次第である。

名誉教授という地位も、こうなると名誉かたなしである。実質的な定年延長ということに近いのではないかと思う。

2007/04/07

東綾瀬公園のお花見

今年の花見は、東綾瀬公園(東京の足立区)ということになった。

故A先生ご自慢のお花見コースがあるのだ、ということを聞きつけて、AnさんがNさんを誘い、T先生、Y先生、H先生に参加を呼びかけたのだ。

3月中旬に計画したときには、およそ花は保つまい、といっていたのだが、見事に満開のままであった。散る直前の、はかないがしかし満帆の、美しさが見ものであった。

Nさんに寄れば、道路上4.5メートルに枝が覆いかぶさっていると、交通障害になるそうで、松戸市ではそれで裁判沙汰になったとのことである。この公園の桜は、大きな車が入れないような道路の上や、公園のなかで左右に立派な枝振りを見せていて、余裕ある桜の木たちであった。

綾瀬駅を降りたときには、そして、人家の裏を想像しないでは、このように変化に富んだ豊かな公園が隠されていようとは、到底思わなかった。足立を見直した次第である。

道々、花より団子というよりは、花より談合という趣きの花見会であった。失礼、I先生が残念ながら不参加だったので、つい補ってしまった。ほんとうは、みんなの写っている写真を掲げたかったが、あまりに花が綺麗だったので、こちらを1枚載せることにする。Img_15

淡い緑色した桜の花だった。

今日の花見で良かった事は、桜の花の下には何かが埋まっている、ということを再認識したことである。ふつうは人が埋まっていたり、ペットたちが埋まっていたりするのだが、やはり実感したのは、6人それぞれの記憶が埋まっているということだった。

故A先生が何を想いながら、ここを廻ったのだろうか。桜のトンネルを潜り抜けると、そこにはどのような世界が広がっていたのだろうか。散っていく桜の花びらに何を託したのだろうか。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。