« 五島にて | トップページ | 東綾瀬公園のお花見 »

2007/03/29

離島研究

長崎県の五島列島に来ている。飛行機から見ると、入り組んだ湾がはめ込みGoto絵のごとく広がっている。

卒論でこの五島列島の産業政策を取り上げたいとおっしゃる、Hさんが昨年このゼミナールに参加してきた。直接現地で指導いただきたいと1年ほど前から頼まれていた。ちょうどわたしの消費文化についてのテーマと重なるところができたので、ようやく実現したのだ。

年度末という絶好のタイミングが、Hさんとわたしを、鶯の鳴くこの西の島へ案内したのだ。風は強いが、温暖な土地だなという印象だった。

初日は型どおりの街歩きをして、市役所の統計課を訪れた。街を二回ほどぐるぐる回れば、大体その近辺の生活圏の想像がつく。さらに、話を聞けば、もうすこし広い範囲の様子がわかる。

五島市には、福江の城址に、城を模った市立図書館と、歴史資料館があって、郷土資料がまとめて閲覧できる。ここで印刷されている資料のコピーはほとんど手に入れることができた。

今回はあくまで、わたしの研究は二の次で、メインはHさんの卒論にあるので、わたしのほうの関心は抑えて、極力産業政策に集中して、資料集めを行った。統計課のKさんはたいへん親切に応対してくださった。エクセルの時系列で、必要なものをあらかじめ用意してくださっていた。

役所へ行って、どのように資料収集を行うか、というHow-Toについては、やはり経験がものを言う。あらかじめ関係資料にあたっておくことは必須である。

そして、係りの方との会話のなかで、次第にどのような観点が重要なのかが見えてくる場合が多い。「実証」というのは、そうゆうことだと思っている。もっとも、標準的にはそれでいいのだが、むしろ係りの方が見過ごしているような観点も見つけることができれば、卒論の半分以上は進むことはできる。

この辺りのリサーチ方法については、わたしの専門外ではあるのだが、むかし大学院生時代に某研究所で、先輩の見よう見まねで身に着けたやり方があって、いまでもときどき思い出す。

昼食は街の中心街にある「リバプール」。さばのムニエルがむき出しのにんじんやかぼちゃなどと料理してあって、美味しかった。

夜には、HさんとHさんの弟夫婦一緒に、卒業論文の見通しを話し合いながら、「五島牛」をいただいた。柔らかくてさっぱりした味の肉であった。このホテルには、五島の鬼岳に発する温泉があり、露天風呂に冷たい風が舞い込んで、蒸気の渦巻きダンスが起こって素晴らしかった

|

« 五島にて | トップページ | 東綾瀬公園のお花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離島研究:

« 五島にて | トップページ | 東綾瀬公園のお花見 »