« 鮟肝の煮物 | トップページ | 文化としてのチョコレート »

2007/02/06

採点の楽しみ

これは内緒の話だが、1月下旬に行ったK大学の学期末試験答案を仕事の先々へ持ち歩いている。ふつう、答案というのは大学では最重要書類なので、採点中に持ち歩くのはもっての外である。

ところが、今回はそうは行かない。この採点中に放送大学や、他の大学の仕事がびっしりとあり、採点期間の締め切りを守るためには一緒に旅に回ってもらわなければならない。このようなときに事情を斟酌してくれるのが、K大の寛大なところなのだ。

ところが、やはり待つにも限度があり、ずっと待ってくれるというわけにはいかないらしい。数日後の投函ということで期限を切られてしまった。ということは、やはり持ち回って、じっくりと行き帰りの新幹線や特急などで取り組まなければならないということになる。

答案のなかに、このブログを読んでいると書いてきた女性の学生もいた。(最近は女子学生とは言わないらしい。もっとも放送大学では以前からこの言葉は死語であった。)

しっかり読ませていただいたよ。内容はたいへん良かったので、Aランク。これはブログの読者に手心を加えた結果でなく、実際の答案の出来が良かったからであることを強調しておきたい。したがって、老婆心ながら、来年度の試験対策にこの手を使っても通用しないことを今のうちに言っておきたい。

もっとも、このような拙文を読む位に好奇心が強ければ、試験への心構えも他の人よりしっかりするのは当然だから、あえて老婆心を発揮しなくても良かったのかもしれない。(老婆心も、女子同様、死語となりつつある。)

|

« 鮟肝の煮物 | トップページ | 文化としてのチョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 採点の楽しみ:

« 鮟肝の煮物 | トップページ | 文化としてのチョコレート »