« 次善の「親密な関係」 | トップページ | 大阪ゼミ合宿 »

2007/01/29

社交について

気の置けない方がたと久しぶりに飲んで食べた。故A先生夫人のNKさんが、松戸市議に返り咲いたので、お祝いにみんなで集まった。

A先生の生前には、年末になると集まって、1年の反省をしながら、舌戦を競いあった。今回も、NKさんの料理に舌鼓を打った。お祝いのつもりが、結局たいへんお世話になってしまった。

部屋には、故A先生の写真が立てかけられていた。たぶんお好きだったワイルドターキーを傾けているところだろう、と想像される。写真のなかから、話しかけてくるかの錯覚にとらわれるような良い構図だった。

そういえば、この会は、始まったときから、徹底して言葉を中心にした会であった。政治学の先生だったので、やはり日米の政治状況が俎上に載せられたと記憶している。

以前よりおしゃべりを抑制するようになったI先生が、盛んに話題提供していたが、(気を使ってなのか)今回も政治の話題が多かったと思う。松戸市議としてのNKさんの話題も、たいへん面白かった。競輪の話や、大学の進出の話などは、ふつう見過ごしてしまうことなので、興味津々だった。

NKさんには、すっかりご馳走になってしまったので、今度は手のかからないところにお呼びして、また気楽なおしゃべりの会を催したいな、と考えている。いつも積極的に会を設定してくださるAさん、次の会もよろしくお願いいたします。

遅刻してきたY先生も、早退したT先生も、みんなペースを守っていて、終わってみると面白い顔合わせの会であるとわかる。そして、なにより会を盛立ててくださったのは、Fママさんであった。故A先生がいなかったならば、およそ結びつかなかった方がただな、と改めて、オーガナイザーの威力に感心したしだいである。

|

« 次善の「親密な関係」 | トップページ | 大阪ゼミ合宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社交について:

« 次善の「親密な関係」 | トップページ | 大阪ゼミ合宿 »