« 緊急のお知らせ | トップページ | クリスマス会前夜 »

2006/12/09

講演会のデザイン

デザインとはなにか、たっぷりと考えさせられた講演会だった。

宮崎先生の語り口は、「教育歴40年の話は、『目からうろこ』で、あなたの暮らしと人生のデザインが、素晴らしいものになることうけあいです。『つまらなった』と言う方には、参加費用をお返しします。」というコピーをご自分で書かれるほど、経験に裏打ちされた面白いものだった。

昨日、予告した講演会が盛況のうちに終了した。天気があまり良くないなか、親子連れや友人同士の方々が目立ったが、学生や近所の方中心に、たくさん集まってくださった。

100枚以上に及ぶスライドが用意されていたので、時間は大丈夫かな、と思っていたが、前半の講義に加えて、スライドがたっぷり映され、かなりボリュームのある講演となった。

デザインが暮らしの中に取り入れられることで、自分がデザインされる、という結論はたいへん興味深かった。

結局、現代の存在物で、人間も含めて、デザインされないものは、ほとんど存在しない。これほど、デザインが溢れるのはなぜか。

やはり、モノがモノ足りえることが、今日あまりになくなってきたといえるからではないだろうか。デザインされると同時に、デザインすることを通じて、わたしたちは身近なものを確かめているのが、今日のモノの実態ではないか。

存在を確かめるものとしてのデザイン、ということが、わたしのデザインに対する感想である。

土曜日にもかかわらず、駆けつけてくださったAnさん、Asさん、Hさん、Sさん、Tさん、どうもありがとうございました。それから、学習センターのスタッフの方々にも感謝申し上げる次第である。_002

朝、いつものAnさんのコーヒーが土曜日でいただけないので、人気のないカルフールまえのスターバックスにちょっとよって、一服。

« 緊急のお知らせ | トップページ | クリスマス会前夜 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/13002607

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会のデザイン:

« 緊急のお知らせ | トップページ | クリスマス会前夜 »

「貨幣・勤労・代理人」

  • “「貨幣・勤労・代理人」"

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。