« クリスマス会前夜 | トップページ | 明治のカフェ »

2006/12/15

星空のクリスマス会

職員手作りのパーティは、たいへんな盛況ぶりだった。この日のために、働いてきたのではと思われるような(わたしも当然含まれるが)職員の方々で会場はあふれかえった。

会場は、星空の見える円形ガラス張りの部屋で、音響にとってはすこし辛いものがあったが、晴れた冬の夜空のなかで、外から見ると全体がクリスマスツリーの飾り物のような華やかな感じを映し出していた。

会費が安いので、いつものように食べるものが無いのでは、と思って行ったのだが、なんと、たこ焼き、芋汁炊き出し、ピザなどなど、盛りだくさんのご馳走だった。 061215_200101

夏のバーベキューのときよりも、さらにゲームとアトラクションが充実していたと思う。先生方のコーラスは、今か今かと、なかなか順番がまわってこなかったが、いざ出演となると、全員がサンタ帽をかぶって、団結ぶりを示していた。写真がちょっと小さくて見えるかな。Ka先生、Ok先生、Ma先生、Ok先生、Mi先生、そして実行委員のNa先生なんだけど・・・。

職員バンド「「BOUSOU  DAIGAKU」は昨日書いたように、夏の出演以来だが、練習に次ぐ練習の成果が出ていた。期待に違わず、迫力をさらに増していて、レパートリーも格段に多くなっていた。前にも言った様に、やはり学生たちに、聴かせてやりたいなあ。

061215_201101 写真のなかで、ライトが当たって、丸くなったなかに、「大学の窓」のKさん、Fさん、Mさんがそれぞれドラムス、キーボード、ボーカルで写っているのだが、わかりますか。それから、同じくアナウンサーのOさんは、司会者として舞台の袖のほうに、・・・残念ながら、写っていませんでした。悪しからず。

舞台のうしろに、○と×が見えると思うが、これは件のクイズに使われたものだ。ワルノリして、このクイズに出てしまった。結果は4問目にあえなくダウン。「放送大学から一番近い駅はどこか」というクイズだった。裏から行けば、やはり京成幕張駅ではないか、と思ったのだが、答えは無情にも、JR幕張駅とのこと。残念。

日ごろ、会ったこともなく見たこともない職員の方々の面白い一面や、意外な一面を拝見しながら、このような小さな組織のなかでも、こんなに知らない方々がいるのだと改めてびっくりした次第である。

クリスマス会から帰ってみると、大学院修士生から論文草稿が届いていた。今日も、日本のあちこちで、原稿に向かっている学生がいるのだ。あすは卒論の審査もある。

« クリスマス会前夜 | トップページ | 明治のカフェ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

今回、実行委員のひとりとしてクリスマス会にかかわることができました。
私も全員と日頃から知り合いでもないですし、それこそ名前もわからない方々もいらっしゃいましたが、みんな誰に命令されたわけでもなくそれぞれ異能を発揮して会の準備をしてくれたのが、うれしく、また頼もしい気持ちでいっぱいでした。
ひとりひとりがすごいパワーを持っているんだという、当たり前だけど忘れていたことに改めて気づかされました(普段からそう思ってないといけないのですが…)。

B?Dマネージャーさん、コメントありがとうございました。

「誰に命令されたわけでもなくそれぞれ異能を発揮して」
という感想に共感いたします。

その場に立ち会わないと、この凄さは理解できないかもし
れませんが、このときの経験を大切にしたいと思います。

BDバンドが再々演する日を期待しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/13084017

この記事へのトラックバック一覧です: 星空のクリスマス会:

« クリスマス会前夜 | トップページ | 明治のカフェ »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。