« ジャズと内向・外向 | トップページ | 「企業内学校」の衰退と新たな動き »

2006/11/16

小さな職人技

このブログの右側に、evocaというものが貼り付けられているのに、お気づきだと思う。横△印を押して、イヤホンで聴いていただきたい。もちろん、宣伝の内容もさることながら、この装置ソフト自体がたいへん重宝な道具だと思う。職人技だなあと思ってしまう。

続いて、トップの検索装置も試していただけたかな。以前のグーグルのものとは格段の違いにお気づきだと思う。Javaを使う検索装置は、現在わたしの関わっている「現代GPプロジェクト」でも試作中であり、そのうちご紹介できるときもあると思う。(じつは、偶然にも、かなり似たつくりなのだ。)このブログ用検索の作者「暴想」氏は、見るところ、かなり直感力の鋭い、きかん気の職人という感じだ。

「暴想」氏の作品は、もうひとつ利用させていただいている。カテゴリー分類や、月別分類で、過去の記事を読もうとしたとき、どのようなテーマがあるのか、わからない。目次が存在しないという不便な状態であった。

ちょっと本文画面の一番上をみていただきたい。そこに小さな文字で、「目次」 と 「目次とCONTENTS」 というのを発見できると思う。それをクリックしていただきたい。30くらい並んだ本文の「目次」が現れる。

最初は、こんな目次、何に使うのかな、と思っていたが、使い始めるとじつに便利なのだ。時系列的に項目として簡潔に見ることができるので、一覧表として利用できる。わたし自身もそのテーマをどのように追ってきたのかがわかる仕組みだ。そして、表題をクリックすれば、本文へ飛んでいくことができる。職人技というのは、このように渋い技をいうのだ。

昔、家によく顔を出していた大工さんがいて、仕事が暇なときにちょっと寄って、瞬く間に、頑丈そうな生地のままの椅子やテーブルを作って置いていった。本業ではないのだが、ちょっと本気を出せば玄人はだしの技を使う。

わたしはこんな、ちょっとした身近な職人技が大好きである。

« ジャズと内向・外向 | トップページ | 「企業内学校」の衰退と新たな動き »

仕事と趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/12715523

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな職人技:

« ジャズと内向・外向 | トップページ | 「企業内学校」の衰退と新たな動き »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。