« 卒論の締切り間近 | トップページ | 大学を続けることが困難に感じるようになったとき »

2006/11/05

科研費の季節

また今年も、科学研究費申請の季節を迎えた。今朝、締切りの過ぎていた原稿を一本送付して、すこし勢いがあったので、その調子で、二本の申請書類をつくった。

今年は、原稿の締切りに追われているので、一切の申請は止めにしようと心に誓っていたが、早くも原則が崩れてしまった。

間際になって、奇特な方からお誘いがあって、今回はすこし書類を追加するだけの負荷条件で、研究班に加えてくださるという。この好意には、答えざるをえないだろう。もうひとつは、以前にもこの欄で書いたことのある出版助成のための申請である。

おかしなもので、申請書を書いていると、ついすでにもらう気分になってしまっている自分を発見する。ほんとうに、この辺が現実感が抜けているということなのかもしれない。もらったらどうしようか、と捕らぬ狸のなんとか、を夢想する幸せな性分なのだ。

|

« 卒論の締切り間近 | トップページ | 大学を続けることが困難に感じるようになったとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科研費の季節:

« 卒論の締切り間近 | トップページ | 大学を続けることが困難に感じるようになったとき »