« 街行く人びと | トップページ | スタジオの小さな世界 »

2006/10/22

乗馬とコーヒー

昨日、桜木町の競馬関連の話を出したが、調べてみたいなと数年前に考えていたことをそのとき思い出した。

それは、横浜での幕末期のコーヒーハウスの件である。当時、横浜の関内居留地から、本牧・根岸にかけて、乗馬道が造られていて、外国人が遊歩などに使っていた。その道沿いに、コーヒーハウスが造られたということだそうだ。

これは、草間俊郎氏の指摘になるものだが、1865年に描かれたワーグマンによるイラストが残されていて、たしかにそこに「COFFEE」という看板を掲げた小屋が載っている。

居留地にあったコーヒー店の支店だろうか、すでに日本に住んでいた外国人の間では、コーヒー習慣が浸透していたと考えられる。

当時の新聞が、時折開港記念館の展覧会などに出されるが、そこには、コーヒー豆の宣伝などが頻繁に出されているのを見ることができる。したがって、外国人を中心としたコーヒー文化のひとつがこのルートを通じて、日本に入ってきたことは想像に難くない。

仕事の合間に、ちょっと乗馬して、コーヒーを飲みに行こう、という趣味が日本の外国人の間で流行っていたのだ。日本人の間に、コーヒーが本格的に普及し始めるようになるのは、じつに1920年代であるから、19世紀中期に外国人の間に広まってから、かれこれ半世紀以上を待たなければならなかったことになる。

|

« 街行く人びと | トップページ | スタジオの小さな世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乗馬とコーヒー:

« 街行く人びと | トップページ | スタジオの小さな世界 »