« 好奇心の原型 | トップページ | 金魚鉢の中から »

2006/07/11

ブログ仲間

近ごろ、「仲間」と呼べる関係が少なくなってしまった。

もちろん、仕事では多くの人間関係を日々作っているのだが、そのなかで仲間関係に発展することはほとんどないし、そこから発展した関係は今日では仲間とはそもそも呼ばないだろう。

中世のCompanyのような、共同経営者というイメージの仕事仲間は、やはり全人的なつき合いを指す場合が多いので、近代になってからは、このようなカンパニー的な仲間関係はやはり成立しないといえよう。

現代ではもっと軽くて、新たに結びつくような関係をすべて「仲間」と称しているが、やはり昔のような仲間関係とは程遠い。とはいえ、新しい都市型の仲間というのがあっても良いとわたしは思っている。

今日も横浜から幕張へ移動して、11時ごろになってしまったので、レストランでランチを食べ、コーヒーを飲んでいた。いつものホイトウは火曜日がお休みなので、天井が高く、温室風のガラス窓が開放的で気持ちのよい、このレストランを今日はたまたま選んだ。

ところが向こうから、こちらをちらちらと伺う男女の集団が見える。よくみると、放送大学のアナウンサーとディレクターの方々ではないか。道理で、周りが華やかな雰囲気になったはずである。

なかでも、ここでも「仲間」と呼んでよいものかどうか判断がつかないが、「ブログ仲間」のKiアナウンサーが一緒にいらっしゃったので、久しぶりにご機嫌を伺う。

同じ趣味をもっているというだけでは、かなり疎遠な関係ではあるが、今日的な関係のなかでは、立派な「仲間」だと勝手に思っているが、Kiさんいかがでしょうか。

http://blog.livedoor.jp/a76543211/

|

« 好奇心の原型 | トップページ | 金魚鉢の中から »

コメント

ご紹介にあずかり、光栄です。
仲間、と書いていただいてにやにや喜んでおります。
不思議なもので、生活を送る中でふと感じたことが
知人のブログに書いてあったり、さらに発展した某かを知り刺激を受けることがあります。
こうしてビールを片手に一人パソコンに向かっているときに
そのような繋がりを感じるのは嬉しいものです。
あ、仲間発見!、とくすぐったい気持ちになります。
坂井先生とは、番組作りもご一緒しているのでもう
「立派な」仲間ですね!
これからもどうぞよろしくお願い致します。

暑い時節、くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。

投稿: Ki | 2006/07/17 00:46

Kiさんの幅広い社交性の輪のなかに加えて
くださいましてありがとうございました。

また、番組を作りたいですね。

見返りがたいへん少ないと聞いてびっくりしましたが、
「仲間」となれば自主的な奉仕活動みたいなものと
解釈できますね。

そのときは、またよろしくお願いいたします。

投稿: 坂井素思 | 2006/07/17 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ仲間:

« 好奇心の原型 | トップページ | 金魚鉢の中から »