« 竈の煙 | トップページ | 自分自身の自己組織化 »

2006/07/21

宇田川町の喫茶店

今日、放送大学のテキスト制作の打ち合わせがあって、渋谷の宇田川町にあるNHK出版を訪れた。

宇田川町には、今から3、40年ほど前の中学・高校時代から、渋谷公会堂や、NHKへコンサートを聴きに通った覚えがある。まだ、公園通りにはパルコもなく、店屋が数えるほどしかなかったし、宇田川町にもセンター街のような賑わいは全くなかった。

何回かの流行を彩った歴代のギャル達もまったく出没しない、それ以前の時代のことである。

宇田川町のはずれに、ガラス窓の広く取ったコーナーのある、木造りの喫茶店があって、濃いミルク紅茶がおいしかった。名前を忘れてしまったが、たしか、赤い蛍光灯の看板が掛かっていたような気がする。

現在では、誰の記憶にも止められていないだろう。(あとで、NHK出版の方々にも聞いてみたが、ご存知の方はいらっしゃらなかった。)060721_154701

そこで今日は、待ち合わせまでのすこしの時間を潰すために、並行したもう一本違う路地?に見つけた「Tabela」に入って、コーヒーを注文した。どろっとしていて、エスプレッソに近いが、けれども酸味も効いている、という洒落た味のコーヒーだった。(トルコ・コーヒーはこんな味かな)

コーヒーで一服したのが良かったのか、編集者との打ち合わせは和やかに進んだ。締切りが近くなっても、このような関係を維持したい。Sさん、Yさん、Hさん、今日はありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

現場に伺うメリットは、仕事上の便宜を受けられるところだ。たまたま、今回の文献に使えそうな書籍が、今月NHK出版から発行されていて、譲ってくださいと言ったら、お使いでしたら特別に差し上げますとのこと。役得、役得。

|

« 竈の煙 | トップページ | 自分自身の自己組織化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇田川町の喫茶店:

« 竈の煙 | トップページ | 自分自身の自己組織化 »