« ダウンサイジングのもうひとつの文脈 | トップページ | 保育園の庭で »

2006/07/06

世界と自分の関係イメージ

060707_085801_1+

+

+

+

「雨上がりの夜に、散歩」

雨が上がって、からりとした夜には、
沈み込んでいた心が急に軽くなった気がする。

疲れきった一日と思われた日だったが、
ごみを置きに行ったついでに、散歩に出れば、
目が覚めて、夜の精気が急に美味しく感ずる。

ふと見上げると、
30年前には細く頼りなかったクスノキたちも、
20メートルほどの枝木を冠にいただいて、
森の連続のような、どっしりとした並木道を築いている。

クスノキの大きな世界に包まれると、
自分の小ささも、素直に認めたくなってくる。
そのような軽くなった弱気の自分を見出して、しみじみとする。

夜のとばりを破って、自動車が瞬間通り抜け、
またもや、現在が過去と交わろうとせずに、走りすぎていく。
過去を裏切ろうとする将来がみえてしまう。

そのことを、まだ世界の誰も理解しないでいる。
電柱には、子供クリニックの宣伝が見られる。
隣には、セレモニーホールの広告が貼られている。

空には、葉っぱたちがお構いなしにそよいでいる。
その夜空の明るさが、最後になってどのような結末を
わたしたちへもたらすのか。

歩いている自分と、不確実なままの世界とが
相変わらず同時進行している。
樹の下では、クチナシの白い香りが強く漂っている。

Kuchinashi

by Moto Shimon   
W.H.オーデンの記憶のために

|

« ダウンサイジングのもうひとつの文脈 | トップページ | 保育園の庭で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界と自分の関係イメージ:

« ダウンサイジングのもうひとつの文脈 | トップページ | 保育園の庭で »