« ホーム図書館の勧め | トップページ | ガイダンス »

2006/04/15

ソーシャル・キャピタル

T先生とソーシャル・キャピタル(SC)について話した。SCとは、人びとが社会活動を行う場合に共通の基盤となるような信頼や、規範のようなものである。

これまでにも、T先生との間で何度か話題になってきたことだが、今回は特にたいへん興味を持った。

発展途上国では、二つのSCがある。「古いSC」と「新しいSC」である。SCの蓄積が経済発展を促進することがよく知られているが、それは時と場合によりけりである。

コミュニティが残り、古くから醸成されてきているSCが強く残っていれば、それを活用した経済の発展する可能性は十分あるはずである。ところが、往々にして、「古いSC」がそのまま残っている地域ほど、それがむしろ足枷となって、かえって発展が遅くなる。

それに対して、「新しいSC」がうまく形成されている地域ほど、SCの存在しない地域よりも発展がうまくいく場合が多いのだという。

もちろん、「古い」と「新しい」という時間がどのくらいのことをいうのかなど、いくつか問題はあるのは事実である。けれども、次の例などは、「新しいSC」がうまく形成されているところでは、社会活動が活発になることを示していると言えるだろう。

たとえば、市場の形成などを考えれば、取引にかかわる「信頼」が古い体質のところでは阻害される場合があるのに対して、新しい取り決めがすんなりと受け入れられ、人びとの取引規範が速く形成されるところでは、市場も有効に機能するだろう。

ほんとうはもっと具体的で、楽しい話をたくさん聴いたのだが、それはT先生の論文で見ていただくことにしよう。

|

« ホーム図書館の勧め | トップページ | ガイダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャル・キャピタル:

« ホーム図書館の勧め | トップページ | ガイダンス »