« 「もか」のコーヒー豆 | トップページ | 対立するときの身体関係 »

2006/04/11

同じ目的を持った人びと

電車のホームに並んでいる人びと(ここには自分も含まれるのだが)をみていると、ときどき不思議な気分になってくる。

みんな同じ方向を向いて、あたかもみんな何かを合意したかのように並んでいるのである。

ふつう同じ方向を向いていて、同じ目的を持っている場合には、それで立派な組織が形成されていることを意味する場合が多い。

組織のことを論じている書物では、同じ目的を持っていることが「組織」の条件となっている。

ところが、ホームで同じ方向を向いて並んでいる人びとも、電車に乗るという同じ目的を持っているのだが、これらの人びとは決して組織とはいわない。電車に勇んで乗ってくる単なる群衆に過ぎない。

にもかかわらず、なぜかこのホームで電車を待つ人びとは現代の何かに似ているのである。

これらの人びとを組織とは呼ばないにもかかわらず、じつは現代の組織にそっくりなのである。同じ目的を持っているにもかかわらず、電車に乗ってしまえば、みんなバラバラのことを考えている。まさに、現代の組織に似ているのではなかろうか。

すこしニヒルな観察だったかな。

|

« 「もか」のコーヒー豆 | トップページ | 対立するときの身体関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ目的を持った人びと:

« 「もか」のコーヒー豆 | トップページ | 対立するときの身体関係 »