« 思い出のなかのつながり | トップページ | 同じ目的を持った人びと »

2006/04/10

「もか」のコーヒー豆

娘に吉祥寺の「もか」から、コーヒーの豆を買ってきてもらった。

そうそう、この味この味。

三鷹のぼろ家に住んでいた頃、散歩して玉川上水沿いに井の頭公園に入り、吉祥寺へ抜ける際に、「もか」があった。

当時はまだ喫茶店もやっていて、友人と話すときに、この喫茶店を利用したのだが。

あるとき、「お客さん、喧嘩するなら、出て行ってください」と言われてしまった。議論に夢中になって、周りを憚ることを忘れてしまうことがよくあったのだ。

ほかの店なら、学生のことだと大目に見てくれたのかもしれないが、この店は違った。おそらくコーヒーの味にさわると言うことだろう。それくらい、この店ではコーヒーを飲むことだけのために、喫茶店という空間が開かれていたのだと後々思った。

人が中心にあるのがふつうの喫茶店なのだが、ここではコーヒーが中心を占めていた。コーヒーがメディアとなって人びとを集結させていたのが、この「もか」なのであった。

今日では、中心となる都を「メッカ」と呼んでは行けないそうだが、あえてコーヒーの場合なので使わせていただくならば、まさにここはメッカであり、コーヒーが存在するからこそ人が集まるところとなったのだ。

コーヒーは人と人を媒介する。この関係は、これからも追究してみたい。

« 思い出のなかのつながり | トップページ | 同じ目的を持った人びと »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173786/9514853

この記事へのトラックバック一覧です: 「もか」のコーヒー豆:

« 思い出のなかのつながり | トップページ | 同じ目的を持った人びと »

社会経営研究配布中

  • 2015study

社会経営ジャーナル配布中

  • 2015journal

開いている講義    「社会的協力論」

  • cooperation

「音を追究する」第13回・第14回

  • art

「多様なキャリアを考える」第2回・第3回・第4回

  • cooperation

「グローバル化と私たちの社会」第11回

  • cooperation
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Recommend

プロフィール

  • 坂井素思
    放送大学教員で、社会経済学領域を研究しています。